スイス入国 〜ヨーロッパ鉄道パス利用でチューリッヒからルガノ!【2016年11月・ヨーロッパ旅行】6

ちょうど昨年の今頃(2016年11月)、まとまったお休みがいただけましたので、mashichanと2人でヨーロッパ旅行にでかけました。

スケジュールはこんな感じでした。

2016年11月 冬のヨーロッパ旅行11日間のスケジュール
〜クロアチア、スイス、ドイツ、フランス、ベルギー!

ちょうど昨年の今頃(2016年11月)、まとまったお休みがいただけましたので、mashichanと2人でヨーロッパ旅行にでかけました。 スケジュールはこんな感じでした。 ...

なお、前回はこちら。

夜のザグレブ市内を散策!
【2016年11月・ヨーロッパ旅行】5

ちょうど昨年の今頃(2016年11月)、まとまったお休みがいただけましたので、mashichanと2人でヨーロッパ旅行にでかけました。 スケジュールはこんな感じでした。 ...

今回は、クロアチアからスイスに移動です。

さらにチューリッヒから、スイス南部の都市・ルガノに向かいます。

名前がイタリアぽいですが、すぐ先はイタリアですので、そうなのかな?

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ザグレブ空港に移動(タクシー)

こちらのホテルに2泊しました。

PALACE HOTEL ZAGREB パレスホテルザグレブ

Trg Josipa Jurja Strossmayera 10
10000
Zagreb

コンフォート・ダブルルームで、

ホテル代(2人) 2泊・1,555.00 HRK(日本円で約25,000円)。

歴史もあり、とても過ごしやすいホテルでした。

早いフライトのため、6時にはでなくてはならず、

前日に、フロントの方にタクシーを手配してもらっていました。

朝食は6時からのため、残念ながら食べられず。。。

親切にも、ホテル内、フロントのところにタクシー代が明記されていました。

これならいくらだろうと余計な心配はいりませんね。

クロアチアの通貨・クーナももう使いませんので、チップも含め、

220.00 HRK(日本円で約3,300円)でした。

ザグレブ空港へ

早朝ということもあり、渋滞もなく到着。

ザグレブ国際空港

【フライト】クロアチア航空 OU460

08:25 ザグレブ発
10:05 チューリッヒ着

搭乗の際、外に出て乗るタイプでした。

プロペラ機でした。

チューリッヒ空港に到着

定刻どおり到着。

初スイスです。

チューリッヒ空港

1人あたり、6.8 CHF(スイスフラン、日本円で約760円)だったと思います。

※1スイスフラン=112円換算、2016年11月当時

確かユーロでも買えたと思います。

「思います」といったのは、実際には支払いをしていないので、思いますという言い方となります。

チューリッヒ中央駅には電車で移動したのですが、今回我々は、ユーレイルセレクトパスという鉄道パスを日本で購入していました。

そのパスを利用しての移動となります。

ユーレイルセレクトパスとは?

選択した国の国鉄及びそれに相当する鉄道に乗り放題で、乗車料金・特急料金込みです。

電車移動で国をまたぐ場合は、特におすすめの鉄道パスです。

1等車、2等車毎に金額が異なり、またグループやユース(12〜27歳まで)利用の設定もされていて、オトクに鉄道旅行が楽しめます。

ウェブサイトからも購入が可能で、日本語での購入が可能です。

レイルヨーロッパジャパン

我々は、

「ユーレイルセレクトパス3ヶ国(1等車のみです)、セーバータイプ」

を利用しました。

日数は5日間としました。

セーバータイプとは、同一行程でチケットに記載の同一の人たちで利用することが必要です。

複数人で旅行すると便利です(我々は2名利用)。

その場合、ウェブサイトで予約する際、セーバータイプのお値引きを提供するために、必ずセーバータイプとなるようなチェック欄、「一緒に旅をするとお得です」といった項目にチェックして予約しましょう。

ちなみに、我々がセレクトした国は、

スイス

ドイツ

フランス

です。

ベルギーにも立ち寄る予定ですが、本当に一瞬なので、パリからドイツに向かう途中にあるベルギーはカットして、その間の乗車券は別途購入することとしました。

ユーレイルセレクトパスの費用

ご参考まで、

「ユーレイルセレクトパス3ヶ国(1等車のみです)、セーバータイプ」(5日間)

41,200円X2名様=82,400円

でした。

以下、後日談として・・・。

このチケットを事前に購入した時期が8月でした。

その後10月に入り、キャンペーンが実施されたのですが、

我々が行く時期と重なったこともあり、

あとでキャンペーン価格が適用されました。

すでに購入済みでしたので、どうなったかというと、

返金処理がされまして、15,800円戻ってきました!

(なんと20%OFF!)

たまたまなのかもしれませんが、かなりラッキーでした。

5日間、1等車の特急列車含めた列車乗り放題に加え、購入する寝台列車や高速列車のチケットも割引で購入ができたので、とてもお得です。

ユーレイルセレクトパスのメリット

いくつもの国を鉄道で移動するのであれば、検討の価値ありです。

なお、1等車は2等車に比べて座席にゆとりがあったり、列車の種類によっては軽食(パン、コーヒー等)がついたり、オプションのチケットを購入する際に特別価格で購入できます。

今回、我々がスイスに行った理由が、ウィリアムテル・エキスプレスや国際寝台列車に乗るためなのですが、それを見せるとお得に購入できます。

日本は鉄道旅行がどんどん高速化、省力化される一方、高額なサービスになりつつある中で、ヨーロッパはまだまだ鉄道をお安く楽しむ手段が残されています。

とはいいましても、ヨーロッパもLCCの普及や採算性の問題で、例えば寝台列車がなくなったりという流れはございます。

寝台列車は改善された形で登場してくれればよいのですが、廃止の方向ですね。。。

今回の旅の楽しみの一つに鉄道移動ということもありましたので、鉄道パスでお買い得に満喫できてとてもよかったです。

ご参考まで、今回購入したレイルヨーロッパジャパンは、今回の旅に限らず、過去、ヨーロッパ出張の際に日本から予約して利用しておりまして(日本でプリントアウトして乗る際に持参)、便利なサイトですよ。

チューリッヒ市内へ

さて。20分もかからず、チューリッヒ中央駅に到着。

チューリッヒ中央駅

歴史を感じさせる外観と内装。

チューリッヒで気になったこと(マイナス面)

非常に気になったのが、喫煙所が構内の至る所にあります。

ですので、歩いていると煙たいです。

また歩きタバコの人もいるので、正直ツライです。

このイメージはどこにもガイドブックには書いていませんでした。

事前情報がなかったので、面食らいました。

おそらく今も変わっていないと思います。

ルガーノに向かう列車まで時間もあったので、

ランチとします。

ランチ 〜SWISS CHUCHIでチーズフォンデュ

チーズフォンデュで有名なレストランがあるとのことで、こちらに向かいました。

チューリッヒ中央駅から歩いて5分ほどの場所にあります。

場所

SWISS CHUCHI

Rosengasse 10
8001
Zürich

こざっぱりとした内容。

マダムがテキパキ動いていました。

メニュー

こちらを注文。

ソーセージ

鮭のムニエル

そして、チーズフォンデュ

お会計。

96.50 CHF(スイスフラン、日本円で約10,800円)でした。

※1スイスフラン=112円換算、2016年11月当時

ランチで1万円越え・・・。

スイスの物価の高さを痛感。

スイスフランをもっていないため、

クレジットカードが大前提です。

こちらのお店はもちろんOK。

ダイナースも問題ありませんでした。

明細をみると、HOTEL ADLER ZURICHで決済されていました。

こちら、ホテルが併設されていますね。

HOTEL ADLER ZURICH

お店のすぐ隣に入り口がありました。

ご参考まで。

すばらしいが8.7ついています。
(2017年11月時点)

朝食込みのプランで、24,800円(日本円換算)。

1室2名としての料金です。ツイン、ダブルも同じくらいの料金です。

チューリッヒ市内ですし、良心的な金額かと。

チューリッヒ市内を散策

ランチ後のお散歩。

グロスミュンスター大聖堂 Grossmünster

川と建物が非常にはえますね。

対岸にあるのが、こちらの教会。

フラウミュンスター

Münsterhof 2
8001
Zürich

緑のとがった屋根が特徴的。

教会の前にある、

ミュンスター広場

この辺りのエリアは、アスファルトではなく、石畳となっているところが多いです。

スーツケースを引いて移動していると、キャスターがひっかかり少し引っ張って歩かないといけないです。

我々は移動中だったので、携行せざるをえませんでしたが、

チューリッヒに宿泊していれば、ホテルに預けるのが正解です。

チューリッヒ中央駅に戻ります。

路面電車が走っていますが、上の電線がすごく目立ちます。

ルガノへ移動(列車)

ルガノに向かいます。

今回、ユーレイルセレクト4ヶ国利用ですので、

1等車が無料(というか乗車券・特急券込み)です。

列車情報

【列車】 ICN(特急列車)

チューリッヒ中央駅発 15:09

(ベッリンツォーナ Bellinzona経由)

ルガノ駅着 17:17

食堂車ありの表示が!

今どきめずらしいです。

乗車

車窓を眺めながら、お茶したり簡単な食事が楽しめます。

今回は残念ながら利用せず。。。

こちらが一等車。

平日でしたので、我々の貸切状態です。

こういったのどかな景色が2時間ほど続きます。

ルガノ駅 Lugano 到着

ルガノの駅が少し高い場所にありまして、ルガノ湖を見下ろすような位置にございます。

この時(2016年11月)、駅前は工事をしていて、少しごちゃごちゃしていました。

1年たちますし、今は工事も終わってすっきりしているでしょうか?

ホテル・Continental Parkhotel Lugano

駅の近くの、山側に立っています。

歩いて約5分。

線路をこえると、すぐホテルのエントランスがあります。

場所

Continental Parkhotel Lugano
コンチネンタル パークホテル ルガノ

Via Basilea 28
6900
Lugano

コンフォート・ツインルームをとりました。

2017年11月現在の評価は、というと、

とてもすばらしい9.0

となっています。

我々が利用した際は、朝食込みで

170.60 CHF(スイスフラン、日本円で約19,000円)。

※1スイスフラン=112円換算、2016年11月当時

クレジットカードはもちろんOK。

ダイナースも使えましたよ。

宿泊代高いなあ・・・と思いきや、周辺は普通に2万円越えですので妥当なのかと思います。

駅から近いですし。

スイスは、全般的に物価が高いのです。

お部屋

お部屋はワンルーム仕様。

ただ寝るだけですので、これで十分です。

バスタブがあるのが救いです!

お湯に浸かって、歩き疲れた体をいやします。

ルガノ湖が見えます。

残念ながら、天気が悪く、曇り空。

夕食 〜Mary ristorante pizzeria

ホテルに到着してから、疲れがたまっていたせいか、爆睡してしまい・・・。

22時になっていました!

辺りはすでに真っ暗。。。

夕食を食べるため、ルガーノの街にでていきました。

駅周辺で宿をとったのですが、街はルガノ湖の方に下っていく必要があります。

湖畔までいかないとお店がありません。

坂を下り、湖畔にでます。

しかし、お店がそもそもあいていない・・・。

明かりのついているお店に入るも、満席だったりラストオーダー後だったり・・・。

といった中、お店を発見。

ガラガラだったので、閉店?と思いきや、オーダーOKとのことでこちらのお店に入ります。

場所

Mary ristorante pizzeria

Piazza Riziero Rezzonico 2
6900
Lugano

背に腹はかえられません。

メニュー

スイスですが、イタリアンです。

あまりこだわらず、さくっと利用。

上記に炭酸水、ジュースなど追加。

お会計。

37.50 CHF(スイスフラン、日本円で約4,200円)でした。

※1スイスフラン=112円換算、2016年11月当時

やっぱり物価高いです。

周りは真っ暗でしたし、お店もやっていないですし、ホテルに戻りました。

以上です。

次に続きます。

チューリッヒまでの観光ルート「ウィリアムテル・エキスプレス」で行く列車と船の旅!
【2016年11月・ヨーロッパ旅行】7

ちょうど昨年の今頃(2016年11月)、まとまったお休みがいただけましたので、mashichanと2人でヨーロッパ旅行にでかけました。 スケジュールはこんな感じでした。 2...