* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

LCC・香港エキスプレスで入国!【2017年5月・香港旅行】1

 

2017年5月の連休に、3泊4日で香港に行って参りました。

こちらが香港旅行のスケジュール。

3泊4日で香港にいってきました 〜スケジュール【2017年5月・香港旅行】

東京から到着して、香港国際空港に到着。

香港には夜遅くに到着だったため、

ホテルに直行して、1日目は終了でした。

香港旅行

MEMO

ご参考まで、ここでの香港ドルのレートは

1香港ドル(HKD)=15円換算(当時)

でお考え下さい。

1日目のスケジュール

1日目【フライト】香港エクスプレス UO 819(成田 – 香港

〜 香港到着!

〜 空港ラウンジ PLAZA PREMIUM LOUNGE(ターミナル2)で食事

〜 MTRエアポートエキスプレスで香港島まで電車移動

【宿泊】上環で3泊

バタフライ オン ハリウッド ブティック ホテル
(Butterfly on Hollywood Boutique Hotel)

※2017年9月14日から、ホテル名が

トラベロッジ セントラル ハリウッド ロード
(Travelodge Central, Hollywood Road)

に変更となっております。

成田空港にて

東京からは成田空港でした。

いつもでしたら、だいたいANAですのでANAラウンジを利用するのですが、今回はLCC利用のため、空港内のレストランで過ごしました。

出国前の最後の日本食は、とんかつ和幸

LCCで機内食もないので、ここでお腹を満たします。

フライト 〜香港エキスプレス

香港までの移動は、LCCの香港エキスプレスを使いました。

LCCとはいえやはり連休ですので、2人で往復90,000円ほどでした。

5月連休に国内移動したとしてもそれくらいかかることもありますし、席も空いていて、安く外国に行けただけでもよしとしましょう・・・。

搭乗口にむけて歩きます。

その途中で、東京西川のマットレスがありました。

キングカズやネイマールがCMにでているあれですね。

さてさて、搭乗口に到着です。

これから、香港エキスプレス UO810便で香港に向かいます。

LCCには、機内サービスはほとんど期待していません。

ですので、座るやいなやさっそくiPadを取り出し、dマガジンで雑誌を読みあさります。

wifiモデルですが、あらかじめ「仕込み」をすることで読むことが可能です。

やり方については、以下で解説しております。

通信環境のない状況で電子雑誌・dマガジンを楽しむ方法

飽きたら本を読み、疲れたら寝る。。。

機内でも、ガイドブックを読んで、現地の行動を計画します。

やはりオフラインで情報がとれるという点で、

アナログではありますが、本は1冊はもっておいたほうがよいですよ。

そうこうしているうちに、4時間もすれば香港到着です。

近いですね。

香港国際空港到着〜ラウンジへ

到着当日、夜も遅かったため、街での食事はあきらめ、香港国際空港内で食事となりました。

となればラウンジ利用です。

PLAZA PREMIUM LOUNGE(ターミナル2)

利用したラウンジは、PLAZA PREMIUM LOUNGE(ターミナル2)

■ 場所   :ランドサイド – 3階(到着階)

■ 営業時間 :24時間営業

■ ご利用条件:最長3時間まで利用可。2歳未満のお子様は無料。すべてのお子様は大人の同伴が必要。服装規定あり。禁煙。

■ 設備   :電話、FAX、アルコール飲料は有料。

こちらは、エアポートエキスプレスのプラットフォームの下にあるという面白い場所にあります。

我々は、プライオリティ・パスを持っているので無料で利用できます。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスは、世界各国あらゆる場所で空港ラウンジをご利用いただける世界最大級の空港ラウンジ・アクセス・プログラムです。旅のスタイルに合わせて「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」の3種の会員プランをご用意。ご旅行やご出張の頻度にかかわらず、世界1000か所以上に広がる空港ラウンジ・ネットワークが旅の始まりをいつもサポートします。

海外旅行時、LCCで使える空港ラウンジとしてかなり重宝します。

LCCはラウンジを備えている航空会社は少ないですし、

ANAなどの上級会員(SFC)でもANA便を使っていないとANAラウンジは使えません。

プライオリティ・パスを取得できるクレジットカード

私は、JCB ザ・クラスダイナースクラブプレミアムカードに入った際に、無料で加入することができました。

詳細については、以下にて解説しております。

こちらをご参考して下さい。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード 〜ダイナースクラブプレミアムカード

年会費が10,800円と比較的低くゲットできるプラチナカード、楽天プレミアムカードでも取得が可能です。

詳細については、こちらから!

楽天プレミアムカード 〜43,000円相当のプライオリティパス会員付きでコスパ高なクレジットカード!

ラウンジ入室

ラウンジ内の写真撮影を忘れてしまいました。。。

ワンタンメン

エアポートエキスプレスで香港駅まで移動

安いバス利用でもよかったのですが、便利なエアポートエキスプレスで香港駅まで直行です。

10分ぐらいで?香港駅に到着です。

バタフライ オン ハリウッド ブティック ホテル到着

今回、我々が利用したのは、上環(Sheung Wan)にあるこのホテル。

バタフライ オン ハリウッド ブティック ホテル
(Butterfly on Hollywood Boutique Hotel)

※2017年9月14日から、ホテル名が

トラベロッジ セントラル ハリウッド ロード
(Travelodge Central, Hollywood Road)

に変更となっております。

内装は同じようですので、掲載の内容は引き続きご参考になるかと思います。

最新の料金は以下からチェックできます。

場所

263 Hollywood Road, Tai Ping Shan, Central, 香港

香港駅、MTR上環駅から歩いて約7分。

少し坂になっており、スーツケースだと少しツライかな。

しかし、中心地にアクセスもよく、ホテルの値段も2名、3泊する割には35,000円と安かったです。

最近の傾向でしょうか、ポケットWifi(4G)も無料で貸し出してくれました。

これはなにげにありがたいです。

さてさて、外観、エントランス、内装からかなりカジュアルなデザイン。

お部屋に入室です。

お部屋

スーペリアルーム・ダブルベッドです。

こざっぱりしてきれいです。

しかし、この写真の右側にバス・トイレがあるのですが、音がダダ漏れなんです。。。

台湾、香港のホテルはこういったケースが多いですね。

予約した際、注意したつもりですが。。。

ありがたいことに、ちょっと一息つきたい時に役立つ、ケトル(湯沸かしポット)もあります。

冷蔵庫もありますし、ともかく、無事到着して一安心。

次回に続きます

2日目に続きます。

お粥にスイーツにアフタヌーンティーと香港グルメを満喫【2017年5月・香港旅行】2

ペニンシュラ香港ホテルのアフタヌーンティーを堪能しました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください