* 年末年始、パリ旅行でした! *

韓国・仁川国際空港にてラウンジめぐりの後、パリに向けて出発【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】2

 

2019年の年末年始は2018年に続き、パリで過ごしました。

前回の記事はこちら。

パリにむけて出発 〜LCC・ピーチを利用して羽田から韓国・仁川国際空港へ!深夜便利用で大変便利です【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】1

羽田からLCC・ピーチの深夜便で仁川国際空港へ。

ターミナル1からターミナル2に移動し、エールフランス便に搭乗してパリに向かいます。

搭乗までの間、ラウンジめぐりで過ごします。

ご参考まで、今回のパリ旅行のスケジュールについては、以下にて記載しております。

2019年の年末年始もパリにて過ごしました(ソウル経由) 〜スケジュール【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】

仁川国際空港・ターミナル1

仁川国際空港・ターミナル1の場所

荷物受け取りで移動

到着後、荷物の受け取りのためにシャトルトレインで移動します。

韓国は、韓国語、中国語、英語、日本語で表示されています。

 

5分おきにきますので、あまり待たずに乗ることができます。

荷物受け取りのところまで行き、荷物がでてくるのを待ちます。

朝5時でしたのでガラガラです。

無事荷物を受け取ることができました。

ターミナル2へ移動 〜シャトルバス利用

エールフランスのパリ行きの便がターミナル2にあるので、そこまで移動します。

仁川国際空港のターミナル2は2018年1月にできたばかりのターミナルです。

 

シャトルバスで移動します。

バスの乗り場がある出発階(3F)に上がります。

国際空港だけあり大変広いです。

明らかに成田空港よりも広く、長いので端にあるチェックインカウンターだとかなり歩きます。

8番出口を目指します。

シャトルバスと書いているのですぐわかります。

ここを出たすぐ目の前にシャトルバスがとまり、ターミナル1へ行くことができます。

無料で利用できます。

時刻表を見ると、ほぼ10分おきにでているので、ちょっと待てば乗ることができます。

が、東京に比べると明らかに韓国は寒いので外でまっているとかなりしんどいです。

冬の時期の韓国は日本以上に防寒は必須です。

入り口近くの建物内でバスがくるのを待ちましょう。

シャトルバスを利用して驚いたのが、バスの荷物を持ち上げ車内に持ち込む必要があります。

低ければよいのですが、4〜5段ほどありいちいち持ち上げて乗り込まなければなりません。

こういう空港を利用する人のほとんどが大きな重たい荷物ですから、大変不便です。

しかも席数があまりないとこのように混み合います。

 

おまけにかなりぶっとばしていましたので立っているとツライです。

時間にして20分ほど。

2駅ほどのちにターミナル2に到着。

ターミナル2

こちらは2018年にできたばかりの空港でもあり、大変きれいです。

エールフランスのチェックインカウンター

この時点で6時30分。

まだオープンしていませんでしたが、職員の方が打ち合わせをしていましたし、列に並んでいる人もいましたので、すぐ入れそうな気配でした。

今回のフライトは9:15搭乗予定となっておりまして、結果、2時間30分前からオープンしました。

 

今回、我々はプレミアムエコノミーであり、SKY PRIORITYを利用しての優先チェックインができました。

それが使えないと、このように長蛇の列に並ぶ必要があります。

SKY PRIORITYは数人並んでいるだけですぐチェックインできました。

やはり優先搭乗はストレスがなく便利です。

フライト(ソウル〜パリ)

ソウル〜パリ

エールフランス航空 267便
プレミアムエコノミー利用

9:55 ソウル ICN 発
14:20 パリ PARIS CDG 着

荷物を預け、手荷物検査、出国手続きを済ませます。

問題無く通過し、朝食がてらラウンジめぐりをしました。

仁川国際空港・ラウンジめぐり

KALラウンジ Prestige(通過)

大韓航空を利用していないため利用できません。

こちらは通過しただけでした。

こちらのラウンジは、253ゲート近くにございました。

空港内にトランジットホテルがありました。

空港内にあると移動のロスがなく、便利ですね。

SPC LOUNGE(ターミナル2)

ラウンジキー、プライオリティパスが利用できます。

場所

エアサイド – 国際線出発エリア、イーストウイング。

ラウンジは4階のゲート268の近くにあります。

アクセス

このように看板がありますので、これに従い進みます。

4Fに乗り継ぎラウンジ(Transfer Lounge)があります。

Transfer Loungeの文字が見えます。こちらにSPC LOUNGEがあります。

入り口

利用条件

受付でプライオリティパス、ラウンジキーを利用できるクレジットカードなどとともに航空券を提示して利用できます。

我々はダイナースクラブプレミアムカードに付属するコンパニオンカード(ワールドエリート)を提示しました。

本会員+同伴1名まで無料です。

JCB、アメックスとあるので、それぞれ、JCB ザクラス、SPGアメックスなど提示しましたが、韓国発行のものでないと受け付けてくれないようなことを言っていましたのでご注意を。

また、ラウンジキーには、プライオリティパスのような専用カードではないのでご注意を。

該当のクレジットカードを提示でOKです。

 

ご参考まで、ラウンジキーで利用するとスマホアプリで履歴チェックができます。

内装

白を基調とした色で、大変清潔感があります。

食事メニュー

揚げ物系の他、

サラダ類も充実しています。

肉まんもありました。

サンドウィッチ、ロールパンなどもございます。

ドリンクメニュー

ミネラルウォーター、ジュース類、ワイン、ビアサーバなどがございまして、一通り揃っており充実しています。

ゆったり過ごせる空間です。

しばらく移動しっぱなしでしたので、それがより感じられました。

 

以下にて訪問レポートとして詳細解説しています。

【空港ラウンジ】仁川国際空港 ターミナル2・「SPC LOUNGE」訪問レポート 〜フードが充実のラインナップです!

Matina (ターミナル2)

場所

エアサイド – 国際線出発エリア、ゲート252付近にあります。

最寄りのエスカレーターで4階にあがるとラウンジが見えます。

4階ですね。

外観

2つありますが、右側のラウンジのほうだとプライオリティパス、ラウンジキー提示で利用できます。

上記にラウンジの看板が見えるほうにいくと別途料金が必要な記載がありました。

入り口

利用条件

プライオリティパスの他、ラウンジキーの記載ございませんが、利用可能です。

こちらは先ほど同様、JCBやアメックスだと利用できなさそうだったので、ラウンジキーのクレジットカードを提示して入室しました。

内装

たいへん広く、席数も多いラウンジでした。

食事メニュー

温かいメニューには人だかりができています。

みなさん横入りすることなく、行儀よく右から順に並んで取って進んでいました。

韓国ならではのどんぶりも作ることができます。

カップ麺もあります。

おなじみ辛ラーメン。

フタが開いていて、そのまま持ち出しできないような配慮がされています。

ドリンクメニュー

ジュース類の他、コーヒーやワインなどが用意されています。

どちらのラウンジも大変充実していて、さすが国際空港のラウンジだと思わせる空間でした。

残念ながら、日本の空港だと航空会社のラウンジを利用するしか術はありません。。。

パリに向け搭乗

フライト情報

ソウル〜パリ

エールフランス航空 267便
プレミアムエコノミー利用

9:55 ソウル ICN 発
14:20 パリ PARIS CDG 着

搭乗口にて

今回、プレミアムエコノミー利用ですので、SKY PRIORITYで優先搭乗が可能です。

このようにかなりの人だかりとなっていますが、SKY PRIORITYであればこのように優先して搭乗できます。

ガラガラ。。。

だんだん日が昇ってきました。

機内へ

スタッガード仕様なビジネスクラスを抜けて、プレミアムエコノミーへ。

ビジネスクラスのシートに比べるとプライベート感は低くなりますが、スペースはエコノミークラスに比べると圧倒的にございます。

次回に続きます。

エールフランスのプレミアムエコノミー利用でソウルからパリへ 〜エコノミー以上ビジネス未満という空間【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください