* 年末年始、パリ旅行でした! *

【空港ラウンジ】仁川国際空港 ターミナル2・「SPC LOUNGE」訪問レポート 〜フードが充実のラインナップです!

 

韓国経由でパリに行った際、経由地の仁川国際空港(ターミナル2)のラウンジをいくつか利用しました。

さすが国際空港だけあり、日本の成田や羽田空港と異なり、大変充実していました。

しかも、大変広い上にラウンジが空港内各所にいくつもございます。

出典:PriorityPassより

 

本記事では、仁川国際空港の空港ラウンジ、SPC LOUNGEについての訪問レポートとなります。

プライオリティパスラウンジキーで利用できます。

仁川国際空港 SPC LOUNGE(ターミナル2)

場所

エアサイド(出国審査通過後)の国際線出発エリア、イーストウイング。

ラウンジは4階のゲート268の近くにあります。

この看板があったら、この建物の2Fにございます。

エレベータにも記載がございます。

Transfer Lounge(乗り継ぎラウンジ)のところに今回のラウンジがあります。

外観

ラウンジ利用要件

クレジットカードの他、プライオリティパスラウンジキーが利用できます。

韓国ならではのカードもございます。

JCBやアメックスなど記載がありますので、JCB(ザ・クラス)、アメックス(SPGアメックス)を提示しましたが、韓国発行でないとダメ、といわれました。

ということで、選択肢はプライオリティパスラウンジキーとなります。

これまでずっとプライオリティパス利用でしたが、今回ラウンジキーで利用してみました。

プライオリティパスについては、以下にて解説しております。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

ラウンジキーについては、以下にて解説しています。

空港ラウンジサービス、ラウンジ・キー(LoungeKey) 〜プライオリティパスに匹敵するラウンジサービス!

ラウンジキー利用にあたっては、事前登録が必要です

事前にラウンジキーにて登録しておく必要があります。

 

ラウンジキー利用(ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード)

利用にあたっては、ダイナースクラブプレミアムカードに付帯するコンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード)を提示しました。

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードについては、以下にて解説しております。

ダイナースが、新サービス・ ダイナースクラブ コンパニオンカードを開始 〜プレミアムカード会員はMastercardの最上位グレード・ワールドエリートも獲得できます

 

本人以外に、同伴者1名が無料になります。

ご参考まで、同伴者2人目からは1名32US$(約3,500円)で利用できます。

このカードがあることで、かなり高額な利用料金を無料で利用できます。

ウェブサイトで利用履歴が確認できます

ラウンジキーのウェブサイト(https://www.sumitclub.jp/ja/travel/loungekey.html)にアクセスしてログインすれば、利用履歴が確認できます。

スマホアプリはラウンジ検索のみ

ラウンジキーはスマホアプリがありますが、そちらにはなぜかこの機能はありません。

上記のように、ウェブサイトにアクセスして利用したほうが便利です。

受付カウンター

受付でフライトの搭乗券とコンパニオンカードを提示します。

1名同伴無料です。

営業時間

7:00 ~ 21:00

 

内装

広いスペースです。

テーブル席、ソファー席がスタイリッシュできれいです。

Wifi

フリーのWifiもございますので、ネット環境も問題なしです。

フードコーナー

ホットミールは韓国風なものが多いです。

サラダ

サラダも充実しています。

肉まんもありました。

パン

トースターもありますのでリベイク可能です。

 

デザート系としては、こちらのアイスのみでしたがありました。

カップラーメン

専用のお湯サーバがありました。

カップラーメンは持ち出しを防ぐためにフタがあいた状態でおいています。

有名な辛ラーメンもございます。

ライス、カレーライス

カレーがありました!

左にごはん、右のいれものにカレーがありました。

カレーをみるとつい食べてしまいます。

韓国どんぶり

ご飯をもって、さまざまのせて食べられます。

プルコギのようなメニューもございました。

その他トッポギなど、韓国ならではのミールがございます。

ちょうどピラフなどは品切れでした。。。

うどん

これも意外なものでした。

小ぶりですが、うどんがございました。

意外にもさまざま種類が多く、各種選べるのがよいです。

ドリンクコーナー

ドリンクはあまりスペースがありませんでしたが、コーラ、ジンジャエール、ペットボトル(水)などございます。

その他、アルコールもありまして、ワインセラーがありました。

その他、ビールのサーバー、ジュースマシンもございました。

まとめ

プライオリティパスラウンジキーが使えるラウンジということでハズレがないというのは想定できましたが、きれいなスペースな上、メニューも充実していて大変心地がよかったです。

また、韓国のラウンジということで韓国らしいメニューも強調されていて特徴あるラウンジです。

仁川国際空港は韓国の国際空港ですが、日本でいうと成田空港に相当しますが、成田でここまでの内容を求めるとすると航空会社の運営するラウンジになってしまいます。

そのような価値あるラウンジを、プライオリティパスラウンジキーを持っているだけで利用ができるというのは大変なメリットです。

※ご参考まで、利用にあたっては、通常1人あたり32ドル(約3,500円)の料金がかかります。

出国審査後のエリアにありますので、あとは搭乗口にいくだけでよいのでギリギリまで利用できる点もよいですね。

ヨーロッパ線になると12時間近くのフライトになりますので、その前にくつろげるSPC LOUNGEは大変利用価値が高いです。

以上です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください