* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

ブラックカードコンシェルジュ比較 〜ホテル予約を依頼してみました

 

今度、大阪に出張となり、ホテル予約サイトをいろいろチェックしていました。

この時期、人の移動の多い季節ということや昨今の訪日外国人の増加で、なかなか見合うホテルが見つかりません。

そこで、今回、所有しているクレジットカードの付帯サービスである、コンシェルジュサービスを利用してみました。

クレジットカードのコンシェルジュサービスといえば、アメックス、JCB、ダイナースなどございますが、今回我々の所有しているJCB、ダイナースで問い合わせしてみました。

JCBのブラックカードは、JCB ザ・クラスカード。

ダイナースクラブでは、ダイナースクラブプレミアムカードを所有することでコンシェルジュサービスが利用できます。

自分でホテル検索

じゃらん、Yahoo! トラベル、楽天トラベル等で検索してみました。

今回検索した条件は、以下となります。

条件

時期:4月の週末

場所:大阪・京都辺り

部屋タイプ:シングル・禁煙

その他条件:インターネット接続有り(無線)

食事条件:なし(素泊まり)

金額:1泊8,000円程度

結果

時間を掛けて探してみてあるにはありましたが、ほぼ選択肢がありませんでした。

カプセルホテルやユースホステルに誘導されたり等、かなり限られます。

4月に入ってからですので、かなりせまった状態の中探しました。

 

人の移動の多い4月、しかも週末であったり、特に京都は訪日外国人が多く、ホテルそのものの確保がさらに困難となります。

先日2月に京都に行った際に、以前にも増して外国人が多かったのが記憶に新しいです。

 

そこで、コンシェルジュサービスの利用です。

JCB ザ・クラス コンシェルジュデスク

ザ・クラス会員専用のデスクとして、お店探しやチケット手配など、何でも頼んで代行してくれる大変ありがたいサービスです。

フリーダイヤルで利用できます。

24時間365日、年中無休で利用できます。

JCB ザ・クラスのサービス全般について、メリットなどこちらにて詳細解説しております。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

以下の記事では、JCB ザ・クラスカードを取得するための流れを解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

ダイナースクラブプレミアムカード コンシェルジュサービス

こちらも24時間・年中無休、フリーダイヤルで利用ができます。

そして、専任の担当もつきますので、秘書のように利用させて頂いていまして、何かとお世話になっています。

※ダイナースクラブプレミアムカードのウェブサイトから引用させて頂きました。

具体的には、レストラン予約や旅行、鉄道の手配など、要望を伝えて手配してもらえます。

自分で探さずして、最適なプランを提示してもらうことが可能です。

ダイナースクラブプレミアムカードのサービス全般について、メリットなどこちらにて詳細解説しております。

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード 〜ダイナースクラブプレミアムカード

以下の記事にて、ダイナースクラブプレミアムカードを取得するための流れを解説しております。

ダイナースクラブプレミアムカードを取得するための方法を詳細解説!

問い合わせしてみました

今回問い合わせした条件は、以下となります。

条件

時期:4月の週末

場所:大阪・京都辺り

部屋タイプ:シングル・禁煙

その他条件:インターネット接続有り(無線)

食事条件:なし(素泊まり)

金額:1泊8,000円程度

ブラックカードの窓口のわりに、内容としてはかなりリーズナブルな金額の依頼ですが、全く問題ございません。

JCBへ連絡

コンシェルジュデスクへ問い合わせしてから、2日後の夜までに連絡頂けることになりました。

ダイナースへ連絡

プレミアム専用デスクへ問い合わせしてから翌日の夜まで、早ければ翌日の午前中までには連絡します、ということになりました。

 

なお、回答納期については、こちらは特にいつまでにお願いということは伝えていません。

さしせまっていれば、そのようなことを伝えれば対応してもらえるかと思います。

結果

JCB

コンシェルジュデスクへ問い合わせしてから、2日後の夜に連絡がありました。

自身で探していて見つからなかったホテルを紹介してもらえました。

駅近くで、リーズナブルな価格で問題ない場所でした。

ダイナース

プレミアム専用デスクへ問い合わせしてから、翌日の夕方に連絡がありました。

 

いくつかホテルを提示頂き、提示した金額帯の他、少し高めの金額のものもリストアップしてもらえました。

結果、条件にあうホテルは1件しかなく、事前に自身で探していたホテルと同じでした。

他、いくつかありましたが、大幅に金額があがったところしかありませんでした。

メールで情報を送ってくれる

ダイナースは、照会結果について、メールで送ってくれます。

電話を受け取っても、必ずしもメモできる状態とは限りませんので、このサービスはありがたいです。

まとめ

問い合わせした結果については、私自身、やはりそうだろうな〜といったところです。

時期も時期なので。

 

JCBについては、探してでてこなかったホテルだったので、それはありがたかったです。

結果的によいと思った案がありましたので、不満はございません。

結論

少し混雑している時期や探すのが面倒な際は、自分で探すより、圧倒的にコンシェルジュサービスにおまかせしたほうが早いです。

探す時間が結構かかりますので、こういったプロにまかせるのが一番です。

 

しかも、今回のJCBのように、2つのコンシェルジュサービスに同じ内容でクロスで依頼することで、拾えなかったものも拾える可能性が高まります。

 

カードの年会費も払っていることですし、めいいっぱい利用しましょう。

逆に利用しないと、クレジットカード会社としてその意味がないのでは? という判断にもなりかねませんし、ドンドン活用しましょう。

参考 〜JCB ザ・クラスカードはどうやったら手に入れられる?

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

JCBゴールドを取得して、JCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレード。

JCB ザ・クラスのインビテーションを受けて入手しました。

その際の記事はこちら

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドを取得してクレジットヒストリーを積んでいきましょう!

なによりも近道かつ確実な方法です。

※カードを切り替えたので、裁断してしまっています。。。

現在は、新しい券面!

JCBゴールドからJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていく必要があります。

現在は、新しい券面!

この積み重ねをベースとすることでブラックカードへ近づくことが可能となりますので、ゴールドカードも検討の価値があります。

JCBカード入会キャンペーン 〜2022年6月30日(木)まで

現在JCBゴールド入会キャンペーンがございます。

入会キャンペーンの内容

ゴールドカードは通常、年会費11,000円(税込)となっていますが、

新規入会&利用とMyJCBアプリログインで最大10,000円キャッシュバック

+年会費11,000円(税込)が初年度無料

のキャンペーンがございます。

内訳
  1. JCBゴールドに新規入会
  2. MyJCBアプリへログイン
  3. JCBゴールドは合計20万円(税込)以上利用

(利用対象期間)

5月入会:2022年5月1日(日)~7月15日(金)

6月入会:2022年6月1日(水)~8月15日(月)

となります。

さらに、いくつかキャンペーン開催中で、

  • キャンペーン期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)の新規入会、カード入会月翌々月15日まで利用で
    - Amazon.co.jpを利用すると20%キャッシュバック!
    - (18~24歳限定で)新規入会&MyJCBアプリ ログインでもれなくApple Gift Card(1,000円分)プレゼント!
  • キャンペーン期間:2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会で、
    - 家族1名様につき2,000円、最大4,000円キャッシュバック!(キャンペーン参加登録必要)
    - JCBカードを紹介し、紹介された方が対象カードに入会すると、もれなく1,500円キャッシュバック!(紹介人数上限なし)

などがあり、あわせ技でメリット増大です。

特に家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロ、です。

↓ 以下からどうぞ。

JCBゴールド入会キャンペーン

JCBオリジナルシリーズ

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

ゴールドカードからプラチナへのステップもございますが、アップグレードの条件が提示されているJCB ゴールド・ザ・プレミアも選択肢としてでてまいります。

次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、そのアップグレードはゴールドカードで2年連続で100万円(税込)以上であることが要件となっています。

2年での持ち出しコストを計算

通常:11,000円×2(年)=22,000円(税込)

ですが、まずは初年度年会費無料キャンペーン利用で、11,000円。

上記、JCBゴールド入会キャンペーンのキャッシュバック(10,000円)で、2年で実質1,000円の持ち出しだけとなります。

さらに、(キャッシュバックではありませんが、)家族カード入会(1名)も加えると、実質0円!

JCBのプロパーのゴールドカードで、今回のキャンペーンもかなりオトクかと思います。

さらにさらに、友人紹介もカウントするとさらに持ち出しが減ります。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは、取得までが明示されていますので、わかりやすいですね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

JCBの一般カードからのアップグレード

JCBゴールドを申請していきなりの取得も可能ですが、審査が微妙・・・と思われる方は、JCB一般カードからの積み重ねからも可能です。

現在は、新しい券面!

厳密にはゴールドカードに改めて申し込む必要がありますが、クレジットヒストリーを積むことで審査のプラスになるかと思います。

JCB一般カードも入会キャンペーンやっています!

入会にあたっては、こちらも上記と同様の初年度年会費無料の、JCB一般カード入会キャンペーンが用意されています。

JCB一般カードの入会キャンペーンはこちらから!。

JCBオリジナルシリーズ

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてやカードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

こちらの記事のコメント欄や、以下からお願いします。

お問い合わせ お問い合わせ

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください