* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

【空港ラウンジ】タイ国際航空・関西空港 ロイヤルオーキッドラウンジレポート

 

関西空港は国際空港とあってラウンジもカードラウンジから航空会社ラウンジなどさまざま各ございます。

 

今回は、関西空港の、国際線セキュリティチェック後のエリア(制限区域内)にある、タイ国際航空の関西国際空港 ロイヤルオーキッドラウンジのレポートです。

 

 

 

 

タイ国際航空 関西国際空港 ロイヤルオーキッドラウンジ

場所

関西国際空港第1ターミナルビル 国際線ゲートエリア 先端駅すぐそば

基本的に、ラウンジのある方は、第1ターミナルとなります。

(第2ターミナルはラウンジがまだなく、まだまだこれからです)

 

上記の地図だとわかりづらいですが、

一番シンプルな方法は、ウィングシャトルで先端駅までいきます。

 

こちらが先端駅。

ゲート方面に向かって階段を降りていくと、

左手にタイ国際航空のラウンジがあります。

 

外観

タイ国際航空のラウンジとなります。

 

 

外観がめっちゃわかりやすいので、階段を降りているとすぐわかります。

 

 

タイ国際航空は、スターアライアンスメンバーですので、

SFCカードをもっていれば入ることができます。

 

ちなみに、スターアライアンスゴールドメンバーです。

 

内装

細長なスペースでした。

それほど広くはないですが、あまり混んでいなかったため、気になりません。

 

一般ラウンジと比べて、航空会社のラウンジとなると、ある程度限られた方しか利用できないため、あまりストレスがない空間でよいですね。

もちろん、Wifiもございますし、

雑誌もございます。

 

 

ドリンク・フード

航空会社のラウンジだけあり、ドリンクはコーヒー、ジュース、炭酸類の他、

おにぎりやパン、クッキーなどもあります。

 

品切れとなっていますが、カップのインスタントうどん、ヌードルがありました。

赤いきつねと日清のカップヌードルがございます。

 

持ち去られないよう、フタがちょっとあいた状態で置かれています。

しかもスープの粉末がすでに入っている状態でして、あとで粉末をいれるタイプではありません。

そのまま持ち帰ろうとすると、かばんやスーツケースに粉末が飛び散りる恐れありですので、ご注意を。

 

アルコールも充実

アルコールが、一通りそろっています。

生ビールや

 

ウィスキーなどもございます。

 

なんといっても、眺めがよい

そういったドリンク片手に、外を眺めるのは快適でしょうね。

我々はアルコールは飲みませんでしたが、

ちょうどこの日は晴れていて、天気もよく、

飛行機をながめることができました。

 

 

国際線ですので、しばらく日本を離れる方も多いのか、

おにぎり、カップラーメン、ビールなどのセットがちらほらみられました。

 

まとめ

圧倒的に何かすばらしいバリューがあるラウンジ、というわけではないですが、こぢんまりとしていながら、航空会社ラウンジということもあり、一般ラウンジのようなザワザワ感がないのがよいです。

 

エコノミークラス利用だったとしても、スターアライアンスメンバーでもありますので、ANAのSFCカードをもっていれば入ることができますので、一般ラウンジではなくこちらが選択肢になります。

 

ドリンク・フードメニューも目立ったものはありませんが、アルコール類が比較的充実していたのは驚きでした。

 

また、あえてあげるとするならば、窓から見える飛行機、景色ですかね。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください