大韓航空ラウンジ 〜KALラウンジ(成田空港第1ターミナル )レポート

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。

以下、そのスケジュールです。

ミャンマー旅行スケジュール
 〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018年7月】

7月にミャンマー旅行に行く予定です。 最近、経済的にも発展しており、外資企業が多く進出してきているとのことです。 今回、珍しく、マイルを使わず普通に航空券を購入しました。...

ミャンマーに出発する前に、成田空港(ターミナル1)のラウンジ巡りをしました。

成田からミャンマーへ!のその前にラウンジ巡りを楽しみました
【2018年7月・ミャンマー旅行】1

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。 以下はそのスケジュールです。 ミャンマー旅行スケジュール  〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018...

成田空港ターミナル1 ラウンジまとめ 〜出国前エリア編

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。 以下、そのスケジュールです。 ミャンマー旅行スケジュール  〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018...

今回は、出国審査後にある大韓航空 KALラウンジのレポートです。

KALラウンジ(大韓航空)

場所

成田空港 ターミナル1の出国審査後のエリアにラウンジがあります。

場所:第1ターミナル 中央ビル3階・C10 大韓航空KALラウンジ

26搭乗口の近くです。

ラウンジ周辺

こちらの案内が目印です。

26-28搭乗口あたりにあります。

奥まった空間にKALラウンジがございます。

このような看板もあるので、すぐわかると思います。

外観

我々は、ダイナースクラブプレミアムカード、プライオリティパスをもっているので、どちらで入ってもOKです。

ダイナースクラブプレミアムカードで入りました。

なお、プライオリティ・パスについては、こちらで詳しく解説しています。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

今回は、海外旅行時に大変活用させてもらっている、 プライオリティパスというサービスについてご紹介致します。 我々が海外の空港ラウンジを利用する際に大活躍していまして、 ...

プライオリティ・パスを取得できる特典のあるクレジットカードはいくつもありますが、ブラックカードであるJCB ザ・クラスで発行されたプライオリティパスは、本人だけではなく、同伴一人無料になるというバリューある特典がついています。

JCB ザ・クラスの詳細については、以下で解説しています。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス
 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

今回は、我々の所有するカードのうち、JCBカードのうち、最上位であるJCB ザ・クラスについてご紹介します。 現状、我々の履歴としまして JCBゴールドカード(プロパーカー...

ちなみに、ダイナースクラブプレミアムカードでも無料で発行が可能ですが、プライオリティパスは本人のみ利用できます。

ですので、同伴者の分は家族カードをつくってもっていれば、その家族カードの本人ということで示せれば申請OKです。

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード 〜ダイナースクラブプレミアムカード

今回は、先日ご紹介しました、ダイナースクラブカードの上位カードである、ダイナースクラブプレミアムカードをご紹介致します。 ダイナースクラブカードそのものもメリット満載なのですが、...

上記ブラックカードについて、年会費でいうと、JCB ザ・クラスが54,000円、ダイナースクラブプレミアムカードは140,400円とかなり高額で一足飛びにゲットできませんのでハードルも高いです。

メリットが多いので、コスパはよいのですが、どうしても気になるポイントですね。

しかし、楽天プレミアムカードであれば、年会費10,800円で、上記プライオリティパスをゲットできます。

今でているクレジットカードの中で、最安のコストでゲットできます。

しかも同様のプレステージ会員(年会費がUS$399、日本円で43,000円相当!)の資格が得られます。

楽天プレミアムカードについては、こちらで解説しております。

楽天プレミアムカード
 〜43,000円相当のプライオリティパス会員付きでコスパ高なクレジットカード!

CMでも有名な楽天カード。 最初は1つのグレードでしたが、ゴールド、プレミアムとラインナップされています。 ブラックカードもありますが、楽天から選ばれた人だけのインビテーションを前...

楽天カードはキャンペーンも頻繁にやっていますのでお持ちの方は多いかと思いますが、そこからの切り替えで、もれなく5,000ポイントがゲットできるキャンペーンも実施されています。

カード付帯保険も、傷害保険(最高5,000万円)に加え動産総合保険(最高300万円)もついており、楽天カードに比べて充実していますので、海外旅行時に重宝します。

内装

航空会社運営だけあって、スペースにゆとりがあり、空間が広く感じられます。

サイドにはソファー席もあります。

搭乗口に近いので、飛行機もすぐ目の前に見えます。

Wifi・インターネット環境

無線もとんでいます。

フード

フードやドリンクはすべて無料です。

クッキー類の他、

おにぎりやパン、

面白いことに、カップ麺がありました。

ドリンク

ドリンクもございます。

アルコールもワイン、ビールがそろっています。

ジュース類も。

内容はともかく、お腹は満たせそうです。。。

まとめ

一般ラウンジよりもメニューが多いくらいですが、

航空会社のラウンジにしては、かなり質素感がありました。

食事や飲み物に期待と言うよりは、

空間も広く、ちょっとくつろげるスペース、といったところでしょうか。

<ラウンジ情報>

KALラウンジ(大韓航空)

ウェブサイトはこちら

—–

■ 場所 ■ 

成田国際空港 第1旅客ターミナル 中央ビル3階(制限区域)

■ 営業日・営業時間 ■ 

7時35分~午後8時50分(年中無休)

■ ご利用対象 ■

・ファーストクラスおよびプレステージクラスのお客様

・スカイパスミリオンマイラークラブおよびモーニングカームプレミアムクラブの会員のお客様(および同行者1名様)

・スカイチームエリート・プラスメンバーのお客様(および同行者1名)

・スカイパスモーニングカームクラブ会員のお客様

・提携カード会社の会員(Diners Club International、PRIORITY PASS)

■ 利用条件 ■ 

同伴者はカード保持者1名様につき2名まで。

2歳未満のこどもは入室無料(大人の同伴が必要)

■ 座席数 ■

70席ぐらい

■ サービス内容 ■

お飲み物(アルコール含む)

軽食

新聞/週刊誌閲覧

FAX

Wifi(無線LAN)

※上記は、2018年7月時点での情報です。