台湾新幹線(台湾高鐵)の予約まとめ 〜日本でウェブ予約OK。高雄から台北への移動がたいへん快適でまさに日本の新幹線。(2019年5月)

先日の5月連休(2019年5月)を使って、台湾(高雄、台北)に旅行に行ってきました。

台湾(台北、高雄)旅行スケジュール 〜5月GWに行ってきます【2019年5月】

来年(2019年)5月のゴールデンウィーク(GW)連休に、台湾に行きました。 2016年7月にも行ったことがあり、3年ぶりです。 その台湾旅行については、こちら。 台...

今回は、成田から高雄へ行き、3日ほど滞在して台北に移動しました。

その際、高雄から台北への交通手段として、台湾新幹線(台湾高鐵)を利用しました。

ほとんど日本の新幹線のような空間で、日本の新幹線にはないサービスも少々あり非常に快適に移動できました。

その際、日本で事前にウェブで予約をしました。

予約まではネットで完結できますが、現地でチケットを受け取る必要があります。

せっかくなので、「ビジネス車両」(いわゆるグリーン車)を利用しましたのでご参考になればと思います。

今回、日本での予約方法、手順についてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

台湾高鐵のウェブサイトにアクセス

台湾高鐵

日本語の他、英語、繁體中文に対応しております。

言語が選べますので、迷わず日本語にしましょう。

上記の「24hrsオンライン予約」のバナーをクリックします。

予約の手順

乗、降車駅

乗る駅と降りる駅を選びます。

今回、高雄の最寄り駅である左営駅から乗車します。

台湾新幹線の一番南の駅が左営駅となります。

高雄駅から数駅でアクセスできます。

車両の選択

普通車両かビジネス車両を選びます。

今回、せっかくの台湾新幹線乗車ということもあり、ビジネス車両に乗りました。

いわゆるグリーン車です。

希望の日時や人数を入れて、確認コードを入力ののち検索します。

列車番号を選択

そうすると、その周辺での列車情報がでてきます。

高雄から台北までおよそ1時間30分で行けることがわかります。

希望の便を選択して、「確認」をクリック。

予約明細

予約情報とあわせて、金額もでてきます。

台湾ドルでの表記です。

なお、2019年5月現在だと、1台湾ドル=3.6円のレートでした。

パスポート番号と、携帯番号、メールアドレスを入力しましょう。

下の方をみると、このような同意を求められます。

問題なければ、チェックをいれて、予約を済ませます。

これで予約完了です。

確認メール

登録したメールアドレス宛で、以下のような確認メールが届きます。

座席指定、支払い

トップページにアクセスします。

台湾高鐵

上記ウェブサイトのメニューにある、「予約履歴照会/お支払・変更」をクリック。

予約履歴照会/お支払・変更

そうすると受取確認番号と予約番号の入力画面に移ります。

下の予約番号検索は、上記で入力が必要な予約番号が不明になった際に利用しましょう。

予約履歴照会/お支払・変更のところで、先ほど予約時に入力したパスポート番号、確認メールに記載の予約番号をいれて検索。

そうすると予約情報が表示されます。 

座席指定(ビジネスシート)

空き状況も踏まえ、ビジュアルでシート予約ができるのでわかりやすいです。

ちょっと日本語がおかしい部分ありますが、座席を選び、気にせずすすめます。

座席を確保し、完了です。

支払い

最後に支払いです。

支払いは、VISA、Master、JCB、銀聯、アメックスなど、各種に対応しております。

以下みていただくと、アメックスの支払いも可能なように見えます。

気になるのが上記のVISA、Master、JCB、銀聯とは別のリンク先となっております。

よくよくみると、これは台湾で発行されたアメックスではないと利用できないようです。

日本で発行したもので何度かチャレンジしましたが、何の反応もありませんでした。

カードで支払い

VISA、Master、JCB、銀聯のなかから支払い方法を選びます。

今回、私はクレジットカード(Master)にしました。

カード情報を入力すると、クレジットカード会社によっては、本人認証が必要な場面もあるかと思います。

上記を通じて、支払いを完了させます。

上記情報を控え、乗車当日に台湾新幹線の駅でチケットを発券しましょう。

窓口だけではなく、自動券売機もあります。

請求

しばらくすると、以下のような請求がきます。

TAIWAN HIGH SPEED RAIL CO TAIPEI 17,972円

一人あたり約9,000円ほどで利用となりました。

台湾新幹線の搭乗レポートについては、追って記載致します。

以上です

ご参考になれば幸いです。