JCB ザ・クラス メンバーズ・セレクション特典でディズニーランチとラウンジ利用してきました(2017年利用)

以下は、ザ・クラス メンバーズ・セレクション2016年版をベースとした内容となっております。

—–

JCB ザ・クラス会員特典であるザ・クラス メンバーズ・セレクション(メンセレ)には、様々な商品があり、1つだけ選ぶことができます。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション2017の冊子

JCBは東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーだけあり、ディズニー関連が光ります。

その中でもひときわ光る商品がこちら。

東京ディズニーランドペアランチお食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット

こちらへ応募し、無事当選しました。

応募したのは、2016年度版の特典です。

年度ですので、2017年2月ごろまでが期限となっております。

今回は、実際に利用した感想をレポート致します。

なお、JCB ザ・クラスのクレジットカードについての解説記事はこちら。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

JCB最上位のカード、JCB ザ・クラス。 ブラックカードとしての機能もさることながら、ディズニー特典にかなりのバリューです。 ダイナースクラブプレミアムカードを所有してい...

ザ・クラス メンバーズ・セレクションについてはの解説記事についてはこちら。

JCB ザ・クラスだけの特典、ザ・クラス メンバーズ・セレクション
〜ディズニー特典にバリューあり

毎年楽しみにしている、JCB ザ・クラスの会員の特典であるザ・クラス メンバーズ・セレクション。 なお、JCB ザ・クラスの解説記事については、以下となります。 J...

今回の利用にあわせ、JCBラウンジも利用してまいりました。

2019年3月更新。

なお、残念ながら、東京ディズニーランド会員制レストラン(クラブ33)予約プラン特典が終了しております(2019年3月)。

【残念】東京ディズニーランド会員制レストラン(クラブ33)特典終了のお知らせが届きました・・・。

毎年楽しみにしているJCB ザ・クラス メンバーズ・セレクション(メンセレ)のディズニー特典の一つ、東京ディズニーランド会員制レストラン(クラブ33)予約プラン特典が終了したとのお知らせが届き...

なお、ラウンジ利用はこれまで通り継続しております。

ディズニーランチについてはご参考まで。。。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

東京ディズニーランドペアランチお食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット

ザ・クラス メンバーズ・セレクション(メンセレ)の申込にあたり、JCB会員専用ウェブサイト「MyJCB」もしくは郵送にて応募します。

ウェブサイトが便利です。

残念なことに、2017年から抽選となりました。

商品到着までの日数

このディズニー特典「東京ディズニーランドペアランチお食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット」は、利用希望月により、申込締め切りと抽選結果の日にちが異なります。

例えば、2018年6月に利用したい、となると、2017年12月のある日付が締め切り日となり、結果が来月2018年1月のある期間に結果が発送されます。

2018年3月以降は新たなザ・クラス メンバーズ・セレクション2018がスタートしますので、

この前に申し込む必要があります。

抽選結果到着まで

申込をしたタイミングで抽選結果の発送期間が決められていますので、その時を待ちます。

ドキドキでした。

到着した結果・・・無事当選しました。

連休を避けたり、土曜日ではなく日曜日としたのがよかったかもしれません。

再応募、チャレンジができないので、ホントよかったです。

JCBラウンジ

招待券の請求

せっかくですので、JCBの公式情報では、「ザ・クラス会員の皆様向けに東京ディズニーランド、東京ディズニーシー内でおくつろぎいただける場所」という名称で記載のある、ラウンジも今回利用します。

そのラウンジとは、

デュズニーランドは、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」

ディズニーシーは、「ニモ&フレンズ・シーライダー」

にございます。

(ゴールド会員以上の、JCBクレジットカード会員に毎月送付されている会報誌から)

こちらは、事前にJCBに招待券を請求しておく必要があります。

ザ・クラス・メンバーズデスクに連絡をいれ、請求しておきましょう。

請求してから到着まで10日ほどかかるので、余裕をもって請求しましょう。

ラウンジ予約

こちらが招待券。

1枚につき、1回、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらかで使えます。

ラウンジの利用にあたっては、事前に予約が必要です。

利用希望日の1ヶ月前から前日までに予約が必要ですので、ご注意下さい。

上記に記載されているJCBラウンジの電話番号宛で連絡して予約します。

あとは、利用する日にちを待つだけです。

当日

JCBから送られてきたランチ券とパスポートを忘れずに持って行きます。

ランチ券は非常に簡素な様式でした。

こちらは案内。

パスポートはこちら。

JCB ザ・クラスのカードも忘れずに!

東京ディズニーランドへ

電車で最寄りの舞浜駅に向かいます。

久々のディズニーランドとなりました。

20年ぶりなので、前回の記憶が全くありません。。。

ほぼ初めてのような感覚です。

アトラクションを楽しんでいると、予約していたランチの時間が近づきました。

だんだん人も増えて盛り上がる中、指定された場所に向かいます。

いよいよランチ

レストランの場所

クラブ33の入り口がこちら。

盲点です。

よく見ていないとわからないですね。

33とあるのがおわかりかと思います。

入り口でこちらの情報を伝え、中に通してもらいます。

ここからは公開NGですので、写真は一切だせないのがとても残念です。

かなりなVIP待遇でレストランまで案内されました。

入室

外のディズニーランドとは異なり、大変シックな趣き。

中はとても広々としていて、ぜいたくな空間の使い方がされていました。

テーブルの間隔も余裕があります。

何組かすでに入っており、食事を進めていました。

10人で囲むテーブルがありまして、団体さんが来られて楽しんでおられました。

我々のようなペアランチだけの利用の他、スポンサー枠だったり、別のコネクションでの利用が可能なのでしょうかね??

ランチ開始

お皿もナイフ・フォークも、すべてオリジナルのものでした。

特別感をいたるところ感じられます。

当然ながら、記念撮影。

撮影終了後、コースがスタート。

ドリンクは、アルコールではなく、炭酸水を注文。

料理は、前菜、スープ、魚、肉料理、デザートと続きます。

パンもございます。

なかなかな量でおなかいっぱいになりました。

ラストはコーヒーで終了。

外とは全くの別空間。

コースメニューが終わり、しばし、雰囲気に浸りながらくつろぎます。

写真撮影はOK

レストラン内の撮影をしまくりでした。

しかし、SNSやブログ等での公開はNGとの断りがありましたので、それは厳守です。

中ではオリジナルグッズが売っていましたが、かなり高くて手が出ませんでした。

文具など、ここでしか売っていないオリジナルのものばかりでした。

レシート入れとシール(右)です。

シールの裏側には訪問日の日付と名前がプリントされています。

お会計

JCB ザ・クラスカードで支払いします。

東京ディズニーランド内は、ショップで購入する際にクレジットカードが使えますが、JCBしか使えません。

ラウンジ利用(スターツアーズ)

ランチ後、アトラクションを楽しんでいると、予約していたラウンジの時間が近づきました。

東京ディズニーランドのラウンジは、スターツアーズにございます。

スターツアーズは優先搭乗が可能ですので、並ぶ必要がありません。

ラウンジから直にアクセスできます。

場所

案内図に示した場所に向かい、スターツアーズ近くのあるところから呼び出しすると、スタッフがでてきます。

JCB ザ・クラスのカード、招待券を見せて、確認してもらいます。

その後、エスコートされ、特別ラウンジに通されました。

JCBラウンジに入室

中は誰もおらず、とても広い空間に我々だけです。

キッズコーナーがあり、待ち時間もお子さまを遊ばせるスペースがあります。

席につくと、飲み物を注文。

何分後に搭乗可能との連絡があり、その間しばしくつろいだり、トイレにいって時間を過ごします。

アトラクション・スターツアーズへ

時間になると、スタッフの人が来て、アトラクションまで案内されました。

案内されるまま、ついてきます。

すると、アトラクションの列が見える場所に到着。

スタッフの人が、割り込むタイミングを見計らっています。

搭乗できるタイミングで、みなさんが並んでいる前を通してもらいました。

行列を整理しているような感じで案内していたので、我々が割り込んできたという感じにはなっていないような配慮だったのはさすがでした。

のんびりしたアトラクションばかり楽しんでいたので、スターツアーズはとても迫力満点でよかったです。あっという間に終了です。

閉園まで満喫

ディズニーランドといえば待ち時間が長い印象でしたが、今回あまりそのような印象は受けませんでした。

ファストパスをうまく活用できたのがよかったです。

結局終了まで園内にいて、最後のエレクトリカルパレードを堪能したり、シンデレラ城のオブジェクションマッピングの演出まで全て見ました。

その後の戦歴・・・

以下、その後の戦歴です。

2017年度

今年もディズニーランチで申し込みました
〜ザ・クラス メンバーズ・セレクション2017
https://mashichan.com/entry/jcb-the-class-members-selection-2017-gift

->結果、落選!

2018年度

【残念】JCB ザ・クラス特典のディズニーランチに落選・・・(2018年度)

JCB ザ・クラスの会員サービスの一つである、メンバーズ・セレクション。 メンバーズセレクションについては、 以下で2018年度(最新版)について詳細解説しております。 ...

->結果、落選!!

その後は、抽選に漏れ続け、今年も落ちてしまいました。。。

参考まで:JCB ザ・クラスカードはどうやったら手に入れられる?

クラブ33のランチを利用するためには、JCB ザ・クラスカードを所有する必要があり、さらに抽選に受かる必要がありますが、まずはカードが必要です。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

ブラックカード・JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

クレジットカードにはグレードがありまして、だいたい普通、ゴールド、プラチナ、そして最上位のブラックという段階となっています。 普通カードは無料でほぼ発行できますが、 ゴール...

ご参考にして下さい。

クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドカードを取得して、

クレジットヒストリーを積んでいきましょう!

なによりも近道かつ確実な方法です。

※カードを切り返した物で、裁断してしまっています。。。

私自身もJCBゴールドカードからJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていき、JCB ザ・クラスのインビテーションを受けることができました。

JCBゴールドカード入会キャンペーン

現在、

JCBゴールドカード入会キャンペーン

(2019年3月31日まで)

がございます。

ゴールドカードは、年会費10,000円となっています。

現在キャンペーンで、ゴールドカードの初年度年会費が無料となっております。

キャンペーンの内容

今回のキャンペーンは、

初年度年会費無料、

かつ、最大10,000円分のプレゼント

となっております。

さらに、

1)入会でもれなくJCBギフトカード2,000円分プレゼント、

2)家族カード申込で最大2,000円分プレゼント、

3)お友達紹介で最大6,000円分プレゼント(1人につき1,000円)、

などがメリットとしてございます。

家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロ、です。

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、そのアップグレードはゴールドカードで2年連続で100万円(税込)以上であることが要件となっています。

2年での持ち出しコストを計算

2年での持ち出しコストは、最低、

通常:10,000円×2(年)=20,000円

ですが、

まずは初年度年会費無料なので、10,000円。

さらに、上記メリット1)もれなく2,000円分、2)家族カード申込2,000円分で、4,000円分戻ってくるので、

2年で実質6,000円の持ち出しとなります。

JCBのプロパーのゴールドカードで、2年で実質6,000円はかなり破格かと思います。

友人紹介もカウントするとさらに持ち出しが減ります。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは、取得までが明示されていますので、わかりやすいですね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

ブラックカード・JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

クレジットカードにはグレードがありまして、だいたい普通、ゴールド、プラチナ、そして最上位のブラックという段階となっています。 普通カードは無料でほぼ発行できますが、 ゴール...

ご参考にして下さい。

JCBゴールドカードキャンペーンはこちら!

JCBの一般カードからのアップグレード

JCBゴールドカードを申請していきなりの取得も可能ですが、

審査が微妙・・・と思われる方は、

JCB一般カードからの積み重ねからも可能です。

入会にあたっては、こちらも上記と同様の初年度年会費無料のJCB入会キャンペーンが用意されています。

JCB入会キャンペーンはこちらから!

JCBオリジナルシリーズ

まとめ

秘密のレストラン・クラブ33でのランチ、JCBラウンジといった特別な空間を満喫しながらのディズニーランドはかなり充実度が高く、特別感を味わいながらとても楽しめました。

JCB ザ・クラス会員ならではの体験ができ、まさにプライスレスな時間でした。

次のザ・クラス メンバーズ・セレクション2018も、この「東京ディズニーランドペアランチお食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット」一択ですね。

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてや、カードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

以下からお願いします。

ブログのお問い合わせ欄

以上です

ご参考になれば幸いです。