* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

JCBゴールド グルメ優待サービス 〜全国のお店で20%OFFで利用可能!JCBゴールドカード以上の所有で利用できるグルメ特典。

 

JCBカードの中でも、JCBプレミアムカード(JCBザ・クラスプラチナゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサスの総称)を所有し、レストランやお店でJCBカードを使うと20%OFFになる「JCBゴールド グルメ優待サービス」というグルメ特典がございます

そのグルメ特典である、JCB優待ガイド、グルメ優待サービスについて解説いたします。

JCB優待ガイド

JCB優待ガイドとは

「JCBゴールド グルメ優待サービス」と「JCB優待」の総称です。

ウェブサイト上でも、ガイドがされており検索しやすくなっております。

参考まで、平均予算(5,000円未満、5,000円~10,000円未満、10,000円~15,000円未満、15,000円以上といった選択肢)でも検索できるので、お店探しの一つの目安になります。

JCBゴールド グルメ優待サービスとは

利用金額から20%OFFになるグルメ優待、グルメ特典です。

グルメを意識した割引特典です。

店舗数

対象店舗は北海道から沖縄まで、各県にお店がございます。

2019年4月現在、「JCBゴールド グルメ優待サービス」の対象店は269店舗となっております。

一部、10%OFFの店もあります

一部店舗(1ケタの数)で10%OFFとなっておりますが、260ほどのお店で20%OFFとなります。

JCB優待とは

ちょっと上記「JCBゴールド グルメ優待サービス」とこんがらがってしまうのですが、「JCBゴールド グルメ優待サービス」が20%OFF(一部10%OFF)なのに対して、「JCB優待」はワンドリンクサービスとか、飲食代から5〜10%となっております。

中には20%OFFになっていたり等、同じような特典となっているお店もございます。

グルメ以外にもお店が対象

グルメ系のお店が大勢を占めるなか、ヘアサロン、眼鏡店などもございます。

店舗数

店舗が約3,200あり、幅広くカバーされています。

「JCBゴールド グルメ優待サービス」と「JCB優待」の違いは?

JCBゴールド グルメ優待サービス
  • JCBプレミアムカードJCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサスの総称)で使えるサービス。
  • グルメを意識した割引特典(20%OFF)。
  • 店舗が260と、限られる。
  • お店のグレードは比較的高い。
JCB優待
  • 上記の下のグレードの、JCBブランドのカードで利用可能なサービス。
  • ワンドリンク無料や5~20%OFFなどの割引特典。
  • 店舗が約3,200あり、幅広くカバー。
  • グルメに限らず、ヘアサロンなどもある。

となります。

上記から、カードにより、受けられる特典が異なるのがわかります。

「JCBプレミアムカード」であれば、上記両方とも利用できます。

利用方法

電話予約

JCB優待ガイドのお店ページに記載されている電話番号から、電話で予約します。

ウェブサイトから予約をいれることはできません。

このサービスを使うためには電話予約となります。

専用クーポンをプリントアウト

JCB優待ガイドのお店のページあるクーポンをプリントアウト。

もしくは、スマホでクーポン画面を提示すればOK。

JCBカードで支払い

当日必ず持参しましょう。

「JCBゴールド グルメ優待サービス」の対象店舗

実際、超人気店がたくさんあるわけでもなく、コスパの超よいお店があるわけでもありません。

隠れた魅力としましては、ホテルレストランが多くあり、20%OFFが使える、ということです。

ホテルと言っても、ピンキリです。

掲載されているホテルは、ある程度グレードが高いホテルのレストランがいくつもあり利用価値が高いです。

ホテルというサービスを売りにしている場所にあるレストランですので、基本ハズレがない、というのも重要です。

グルメ優待・20%OFF / 主なホテル内レストラン(例)

 日本料理 / オリエンタルホテル東京ベイ 美浜

シェラトン都ホテル東京 カフェ カリフォルニア

イタリアンダイニング ジリオン(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)ジリオン

鉄板焼 匠(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

 レインボーブリッジビューダイニング &シャンパンバー マンハッタン(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)

日本料理 / コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 銀座で和食 むらき

ブッフェ / コートヤード・マリオット銀座東武ホテル NYグリル&ブッフェ フィオーレ

フランス料理 / ホテルモントレ銀座 エスカーレ

フレンチ / レストラン・ランス・YANAGIDATE

日本料理 / ホテル雅叙園東京 渡風亭(とふうてい)

天婦羅 ほり川 ホテルニューオータニ店

シェラトンやインターコンチ、マリオット銀座東武、雅叙園などのレストランも対象になっています。

上記東京を中心として取り上げましたが、京都や大阪だとホテルグランヴィア内のレストランなどもございます。

日本料理 / ホテルグランヴィア京都 浮橋

フレンチレストラン / ホテルグランヴィア大阪 フルーヴ

鉄板焼 / ホテルグランヴィア大阪 季流

レストラン(例)

参考まで、ましちゃん的に評価の高いお店は以下のとおりです。

JCBではなくダイナースがらみですが、参考まで、ということで。

ラ・ターブル プリべ イシダ

ダイナースクラブ 銀座レストランウィークではありますが、利用したことがございます。

ダイナースのレストランにでてくるだけあり、評判のお店です。

利用合計金額より20%OFFとなります。

閉店・・・【銀座・フレンチ】ラ・ターブル・プリベ・イシダ 〜美しい料理、ペアリングのようにいただくパンも美味♪

フランス料理 / ロドラント・ミノル ナキジン

こちらも同様、ダイナースクラブ 銀座レストランウィークで利用しました。

利用合計金額より20%OFFとなります。

銀座の名店をお手頃価格で楽しむイベント 〜ダイナースクラブ 銀座レストランウィーク

 ラ メゾン ダミ

目黒駅から5分ほど離れた場所にあるフレンチです。

写真はございませんが、大変お値打ちなビストロです。

ボトルワイン10%OFFになります。

まとめ

(実際にはクーポン発行もしくはスマホに表示の必要があります)

JCBのカードをもっているだけで利用金額の割引(5〜20%)となる「JCB優待」、JCBプレミアムカードを所有しているだけで利用金額の20%OFFとなるサービスは大変有益です。

さらにお店も全国3,000店以上カバーされており、特に著名なホテルに併設されたレストランも多々対象になっている店はバリューがあります。

JCB ザ・クラスへのステップアップ

今回ゴールドカード以上を所有することで得られる特典となりますが、さらに上位のカードを取得することで2人のうち1人の金額が無料になるグルメ・ベネフィットなど特典の幅が広がります。

JCB プラチナを一気に取得して目指すこともできますし、JCB プラチナを経由せずコツコツ最上位のJCB ザ・クラス取得を目指すことも可能です。

JCB プラチナと異なり、JCB ザ・クラスは一足飛びに取得が出来ないため、コツコツとカードを利用していくことでアップグレードが可能です。

最初のステップとしては、やはりゴールドカードからの取得がまずは大切です。

JCB プラチナであればその取得後も、クレジットヒストリーを積み重ねることが大事となります。

クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドを取得してクレジットヒストリーを積んでいきましょう!

なによりも近道かつ確実な方法です。

なお、私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

※カードを切りかえたので、裁断してしまっています。。。

私自身、JCB ザ・クラスを取得するにあたり、最初はゴールドカードからスタートしました。

私自身、JCBゴールドカードを取得して、JCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードし、JCB ザ・クラスのインビテーションを受けて入手しました。

この積み重ねをベースとすることで、プラチナカードへ近づくことが可能となりますので、ゴールドカードも検討の価値があります。

JCBカード入会キャンペーン 〜JCBゴールド ザ・プレミアに特別に早期招待! 参加登録は10月31日まで

現在、JCBゴールド入会キャンペーンがございます。

ゴールド ザ・プレミアに特別早期招待される内容となります。

通常であれば、最低2年かかりますが、なんとキャンペーン期間中に条件を満たせば、実質1年もかからず6ヶ月ほどで達成できます。

入会キャンペーンの内容

内容
  1. JCBゴールドに新規入会(9月30日まで)
  2. キャンペーン登録
  3. 利用対象期間:2022年7月1日(金)~12月15日(木)に100万円(税込)以上利用

となります。

2023年2〜3月招待とのことでかなり取得の短縮が可能です。

さらに、いくつかキャンペーン開催中で、ゴールドカードは通常、年会費11,000円(税込)となっていますが、キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会のうえMyJCBアプリへログインし、対象カードを合計100万円(税込)以上利用した方に、翌年度年会費(11,000円)がキャッシュバックされます。

翌年度年会費キャッシュバックキャンペーン
  1. JCBゴールドに新規入会
    2022年7月1日(金)~9月30日(金))
  2. MyJCBアプリへログイン
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  3. JCBゴールドは合計100万円(税込)以上利用
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  • キャンペーン期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会、カード入会月翌々月15日までにMyJCBアプリへのログイン+利用で、Amazon.co.jpを利用すると20%キャッシュバック!(最大30,000円)
  • キャンペーン期間:2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会で、
    - 家族1名様につき2,000円、最大4,000円キャッシュバック!(キャンペーン参加登録必要)
    - JCBカードを紹介し、紹介された方が対象カードに入会すると、もれなく1,500円キャッシュバック!(紹介人数上限なし)

などがあり、あわせ技でメリット増大です。

特に家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロ、です。

↓ 以下からどうぞ。

JCBゴールド入会キャンペーン

JCBオリジナルシリーズ

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドの次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、そのアップグレードは、通常、ゴールドカードで2年連続で100万円(税込)以上であることが要件となっています。

しかしながら、今回のキャンペーンを利用すれば、約6ヶ月で100万円(税込)以上と、かなりの近道になります。

持ち出しコストを計算

100万円(税込)利用で、翌年に通常年会費:11,000円(税込)がキャッシュバック

となりますため、今回のキャンペーン利用で、年会費実質無料でJCB ゴールド・ザ・プレミア取得が可能となります。

JCB ゴールド・ザ・プレミア取得、さらにはその上位のJCB ザ・クラスを考えた場合、今回のキャンペーンもかなりオトクかと思います。

さらに、家族カードや友人紹介もカウントするとさらに持ち出しが減りますね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアは、今回のキャンペーン利用により早期に取得が可能です。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

JCBの一般カードからのアップグレード

JCBゴールドを申請していきなりのJCB ザ・クラス取得も目指すことは可能ですが、そもそも審査が微妙・・・と思われる方は、JCB一般カードからの積み重ねからも可能です。

厳密にはゴールドカードに改めて申し込む必要がありますが、クレジットヒストリーを積むことで審査のプラスになるかと思います。

JCB一般カードも入会キャンペーンやっています!

入会にあたっては、こちらも上記と同様の初年度年会費無料の、JCB一般カード入会キャンペーンが用意されています。

JCB一般カードの入会キャンペーンはこちらから!

JCBオリジナルシリーズ

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてやカードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

以下やこちらの記事のコメント欄からお願いします。

お問い合わせ

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください