JCBプレミアムステイプラン〜JCB ザ・クラスで利用できる厳選宿泊プラン

JCBの最上位カードであり、ブラックカードでもある、JCB ザ・クラスカード。

いくつかあるサービスのうち、今回はトラベル関係の

JCBプレミアムステイプランについてのご紹介です。

JCB ザ・クラスの「いくつかあるサービス」については、以下にて詳細解説しております。

こちらもご参考にして下さい。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス
 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

今回は、我々の所有するカードのうち、JCBカードのうち、最上位であるJCB ザ・クラスについてご紹介します。 現状、我々の履歴としまして JCBゴールド(プロパーカードです...

ブラックカードだけあり、特典がさまざまございます。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

JCBプレミアムステイプラン2018が届きました

先日、JCBプレミアムステイプランのホテル・旅館一覧と、価格表の冊子が届きました。

黒(左)の方がホテル・旅館一覧を含むグルメベネフィットのレストラン一覧も掲載されていますので分厚いです。

白(右)の方が価格表の冊子となります。

JCBプレミアムステイプランとは

全国の上質で人気の高いホテル、旅館に優待価格で利用できます。

JCBプレミアムステイプラン ホテル編、旅館編で構成されています。

さらに、特別料金が適用されるのとともに、会員限定特典がついてきます。

JCBプレミアムステイプラン ホテル編

それぞれ、

優雅な部屋に優待価格で利用できる「スイートルームプラン」

お値打ち価格で利用できる「スペシャルプライスプラン」

がございます。

スイートルームプラン

その名の通り、スイートルームが対象となります。

ウェスティン仙台、帝国ホテル、パークハイアット東京、ペニンシュラ東京、リッツカールトン東京、オークラ東京ベイなどの高級ホテルがラインナップされています。

ウェスティンでも仙台があるものの、東京や他の地域は含まれていなかったりと、一部のホテルが対象となっております。

約30ほどあります。

ホテルからのおもてなし

スイートルーム宿泊特典として、朝食サービスや付属のフィットネス施設の無料利用などがついてきます。

スイートだけあり、お値段はもともと高いため、

優待とは言え、かなりの価格帯です。

2名以上利用のお部屋となります。

スペシャルプライスプラン

こちらは、スイート以下のお部屋が対象となっております。

スイートルームプランとホテルが重複しているところもございますが、ホテルも幅広く対象となっております。

約80ほどあります。

1名利用も可能なお部屋もございます。

ホテルからのおもてなし

宿泊特典として、朝食サービスやラウンジバーのドリンク券、レイトチェックアウトなどがついてきます。

他の宿泊予約サイトと比較して検討した場合、

割高になる可能性もあるので、

しっかり比較しましょう。

JCBプレミアムステイプラン 旅館編

こちらはそれぞれ、

旅館に1~2室しかない客室でJCB ザ・クラス会員向けに用意された優雅な部屋に優待価格で利用できる「離れ・特別客室特集」

アンケートをとって評価が高い旅館プランのなかからJCBが選んだ名旅館をお値打ち価格で利用できる「厳選の宿」

がございます。

離れ・特別客室特集

北海道から九州・大分県まで、11旅館が対象です。

会員限定特典

お茶菓子や、旅館によってはお酒やワインなどがついてきます。

厳選の宿

約105件が対象です。

会員限定特典

お茶菓子や、旅館によってはお酒やワインなどがついてきます。

まとめ

いろいろプランや金額を検討した結果、以下のように考えました。

お値段出しておりませんが、もともとが高額でして、

そこから割引があるものの、それでもまだ高い水準です。

(一人40,000〜50,000円とかざらですので。)

もっとも、JCBプレミアムステイプランについては金額のお話しではなく、特にスイートや離れ・特別客室などの予約について、そもそも限られた枠の中でその予約枠が確保されている、というバリューかと思います。

とはいいましても、そのような予約枠のバリュー、ラグジュアリー感、高級感も大切ではあるものの、庶民にとっては金額がどうしても目が行きます。

ザ・クラスメンバーズセレクションのJCBトラベルクーポン(25,000円分)も併用できますので有効ではあるものの、焼け石に水感がぬぐえません。

今回のJCBプレミアムステイプランではなく、

他の予約サイトで予約したほうが安い可能性があります。

ですので、必ず楽天トラベル、一休.comなどのサイトで比較の上、検討しましょう。

ザ・クラスについてはすべてがすべて、万人にベストであるとは限らず、私のような庶民にとってはこれが正直な考えです。

以上です

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする