* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

【2019年7月】ルフトハンザビジネスクラス利用、ウィーン、パリ旅行スケジュール 〜マリオット系ホテルに多数宿泊予定

 

2019年の夏(7月)、ビジネスクラス利用でウィーン〜パリに行ってきます。

 

ウィーンは初めて、パリは2018年年末に行って以来となります。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール
https://mashichan.com/entry/201812-201901-frankfurt-paris-schedule

 

夏のヨーロッパは日差しが強いものの、日本と違いジメジメとした湿気もなく過ごしやすいです。

2017年7月に行った時にその良さを知っているため、

2017年夏のヨーロッパ旅行スケジュール
【2017年7月 ドイツ・フランス旅行】
https://mashichan.com/entry/201707-germany-france-schedule

どうしても夏に行きたく探していたところ、ちょうどマイルも貯まっていたこともあり見つけることができ、無事発券できました。

ANAマイルを使って、ビジネスクラス利用でウィーン〜パリに行きます(中部国際空港発)【2019年7月】
https://mashichan.com/entry/travel-wein-paris-201907

 

ウィーンは市内観光や古城ホテル宿泊、ドナウ川クルーズ、パリではパン・スイーツ・ビストロ巡りを予定です。

 

 

 

スケジュール

1日目

東京から名古屋へ移動

ぷらっとこだまを利用して移動予定。

 

以前、京都旅行に行った際に利用しました。

京都にお得に移動しよう 〜ぷらっとこだま・乗車レポート【2018年2月】
https://mashichan.com/entry/puratto-kodama

 

各駅停車なのでのぞみより遅いですが、その分安いです。

グリーン車も利用できますし、なによりゆったり移動できます。

 

中部国際空港(セントレア)にあるフォーポイントバイシェラトン名古屋に宿泊

翌朝フランクフルト行きの便に乗るため、前乗りします。

 

宿泊するホテルはこちら。

フォーポイントバイシェラトン名古屋

マリオット系のホテルです。

 

 

 

2018年11月にオープンしたばかりの新しいホテルです。

セントレア至近でたいへん便利な場所にあります。

 

このホテルに泊まったのは、他にも理由がありまして、

キャッシュバックほしさに以下のような手法で予約しました。

マリオットボンヴォイでのホテル予約について解説しました 〜セントレア前泊でフォーポイントバイシェラトン名古屋に宿泊。TopCashback利用時の参考にも!
https://mashichan.com/entry/marriott-bonvoy-reservation-201904

 

2日目

空港ラウンジめぐり

セントレアを今回、初めて利用します。

出発までの時間、空港ラウンジ巡りを堪能する予定です。

 

我々はSFCカードを所有しており、

スターアライアンスゴールドメンバー会員ということもあり、

ビジネスクラス利用となりますので、

今回、ルフトハンザ便となりますが、国際線利用の場合、

ANAラウンジが利用できます。

 

セントレアにもございます。

 

ANAラウンジの良さについては、以下で解説しております。

【空港ラウンジ】ANAラウンジ一覧 〜アルコールも無料で楽しめるくつろぎの空間
https://mashichan.com/entry/ana-lounge-all

 

ANAラウンジ以外にも空港ラウンジについては、こちら。

ゴールドカードで利用可能な国内空港ラウンジ一覧
https://mashichan.com/entry/diners-air-port-lounge-domestic

クレジットカードのゴールド会員以上でしたら使えるラウンジとなりますが、サービスがソフトドリンクしかない上、時間帯によりかなり人が多くてくつろげるか微妙なのであまり利用したことがありません。

 

また、我々はプライオリティパスも所有しているので、

セントレア空港内にある対象ラウンジも利用が可能です。

 

プライオリティパスについては、以下にて解説しております。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス
https://mashichan.com/entry/prioritypass

日本で、というより海外旅行時においての各空港のラウンジ利用でたいへん重宝します。

 

ルフトハンザ ビジネスクラス利用でフランクフルトへ

ルフトハンザのビジネスクラス利用です。

 

おそらくまた、こちらのようなシートと想定されます。

(写真は2018年年末のヨーロッパ旅行のものです。)

 

フランクフルト経由でウィーンへ

フランクフルトで乗り継ぎ、同じくルフトハンザ便にてウィーンへ。

ここまで、特典航空券(往路)で発券しました。

メルキュール グランド ホテル ビーダーマイアー ウィーンに宿泊

メルキュール グランド ホテル ビーダーマイアー ウィーン
(Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien)

 

場所

Landstraßer Hauptstraße 28
1030
Wien
オーストリア

 

ホテルチェーンのグローバルブランド・アコーホテルが展開するホテルの一つ、メルキュールホテルです。

こちらのクラシックダブルルームを予約。

ベッドはクイーンベッドです。

 

金額

2人で約10,600円(2019年4月現在)とたいへんリーズナブルです。

 

3日目

ウィーン市内観光。

 

ホテル ブリストル – ア ラグジュアリー コレクション ホテル(Hotel Bristol – A Luxury Collection Hotel)に宿泊

ホテル ブリストル – ア ラグジュアリー コレクション ホテル
(Hotel Bristol – A Luxury Collection Hotel)

場所

Kärntner Ring 1
1010
Wien
オーストリア

マリオット系の高級老舗ホテル。

ウィーン歌劇場がすぐそばでその名のとおり、たいへんラグジュアリー感のあるホテル。

しかも中心地にあり、たいへん便利な場所にございます。

 

金額

クラシック ダブルまたはツインルームで、1泊約28,000円。

グレードの割には、リーズナブルです。

 

4日目

ウィーンからメルクという街に電車で移動。

世界遺産のヴァッハウ渓谷観光、ドナウ川クルーズでデュルンシュタイン(ダーンスタイン)まで向かいます。

 

ホテル シュロス デュルンシュタイン (Hotel Schloss Durnstein)に宿泊

デュルンシュタインで宿泊。

 

ホテル シュロス デュルンシュタイン
(Hotel Schloss Durnstein)

 

場所

Dürnstein 2
3601
Dürnstein
オーストリア

 

1630年築の建物のある、たいへん歴史ある古城ホテルです。

以前、2017年7月にドイツに行った際、ライン川クルーズやフランクフルトでの宿泊において古城ボテルに泊まりましたが、たいへん非日常な時間を過ごすことができました。

 

【ホテル】5つ星のドイツ古城ホテル、ブルクホテル アウフ シェーンブルクを詳細レポート1【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】6
https://mashichan.com/entry/201707-day3-2-burghotel-auf-schonburg1

古城ホテルで非日常な体験ができました 〜ブルクホテル アウフ シェーンブルク詳細レポート2【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】7
https://mashichan.com/entry/201707-day3-2-burghotel-auf-schonburg2

 

5つ星の名門・古城ホテル、シュロスホテル クロンベルク宿泊記1
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】10
https://mashichan.com/entry/201707-day5-1-schlosshotel-kronberg

5つ星の古城ホテル、シュロスホテル クロンベルク宿泊記2
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】11
https://mashichan.com/entry/201707-day5-2-schlosshotel-kronberg

 

金額

ベーシック ダブルルーム利用で約32,000円(2019年4月時点)

朝食付きでこの雰囲気、たいへん楽しみです。

 

5日目

デュルンシュタイン〜クレムス〜ウィーンと電車移動。

夕方、ウィーン国際空港からルフトハンザ便で、ウィーンからパリへ移動。

 

エクセルシオール オペラ(Excelsior Opera)に宿泊。

エクセルシオール オペラ
(Excelsior Opera)

場所

5 Rue la Fayette
75009
Paris
フランス

 

到着当日、シャルル・ド・ゴール空港からオペラ座までロワシーバスで向かう予定です。

このホテルは、オペラ座からも近く、デパートのラファイエットも近くて便利です。

 

金額

ダブルルーム利用で約13,000円(2019年4月時点)。

場所の割にはリーズナブルな金額です。

 

6日目

パリにて、グルメ観光。

 

ルネッサンス・パリ・アルク・ドゥ・トリアンフ・ホテルに宿泊。

ルネッサンス・パリ・アルク・ドゥ・トリアンフ・ホテル
(Renaissance Paris Arc de Triomphe Hotel)

場所

5 Rue la Fayette
75009
Paris
フランス

 

凱旋門から少し離れますが、お部屋のグレードや場所により凱旋門が見えなくはない場所にあるホテル。

 

今回、所有するアメックスSPGの無料宿泊特典を利用します。

 

金額

スタンダードタイプで、30平米の広さ、クイーンベッドとなっております。

 

無料宿泊特典なので0円

アメックスSPGカードの無料宿泊特典ですので、0円です。

 

念のため、同様のグレードの部屋を、

以下booking.comで検索してみると。。。

booking.comで検索!

キャンセル無料可能なプランだと、51,000円+税!

返金不可でリスクを負うと、安くなりますが、41,000円+税!

 

パリはホテル代が高いので、無料宿泊特典はたいへん重宝します。

 

アメックスSPGのとがったメリット 〜マイル交換、無料宿泊特典

無料宿泊特典はアメックスSPGというクレジットカードを所有することで得られます。

 

アメックスSPGカードの無料宿泊特典については、以下にて解説しております。

旅行時に威力絶大なSPGアメックスカードを、実例交えてご紹介!
https://mashichan.com/entry/amex-starwood-preferred-guest-card

 

こちらをご覧頂くとおわかりかと思いますが、年会費が33,480円とお高いです。

しかしながら、それ以上の宿泊費のかかるホテルに無料で泊まれます(クレジットカード所有2年目以降)。

今回泊まったパリのホテルだと、ちょっとグレードがアップすると40,000円はざらに存在しますし、その金額のホテルに泊まれることもあまりないので無料宿泊特典を利用して泊まりましょう。

 

直近、アメックスSPGカードを更新しましたが、やはりこの無料宿泊特典につきます。

さらに、マイルへの交換比率、各航空会社のマイルに展開できる幅の広さでしょうか。

SPGアメックス更新しました
 〜やはりマイル移行とホテル無料宿泊特典にバリューありです
https://mashichan.com/entry/amex-spg-renewal-2019

 

あまりにその特典にひかれて、

SPG AMEX入会、夫婦で本会員になりました(年2回無料宿泊特典狙い)
https://mashichan.com/entry/spg-amex-get-more

お互い所有しています。

 

 

現在、オトクに入会できるキャンペーンを開催しておりますので、

以下からお問い合わせいだけましたら、ご紹介させて頂きます。

【入会特典】として、入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で、36,000ポイントをゲットできます。

 

もしご興味おありでしたら、

ブログのお問い合わせ欄
https://mashichan.com/inquiry

から、SPGアメックスの件と書いていただき、

お名前をメールアドレスをご記載いただけましたら、

特別URLをご案内させて頂きますので、お知らせ下さい。

 

7日目

パリにて、ひきつづきグルメ観光。

 

ル メリディアン エトワールに宿泊。

ル メリディアン エトワール
(Le Méridien Etoile)

場所

81 Boulevard Gouvion Saint-Cyr
75017
Paris
フランス

 

こちらも、マリオット系のホテルですね。

 

国際会議場・パレ・デ・コングレ・ド・パリが至近です。

なにより便利なのが、ハイアットリージェンシーパリエトワールの前に、シャルル・ド・ゴール(CDG)空港行きの直通バスがあるという点です。

 

エッフェル塔、凱旋門を通り、このバス停にとまったら、あとはCDG空港までノンストップです。

しかも、街中を通ることがないので、渋滞も比較的少なく、時間も読みやすいです。

次の日の朝、CDG空港からフランクフルトへ移動となり、時間的な余裕を考えると便利な場所です。

 

※例えば、ロワシーバスの停留所のあるオペラ座近くのバス停から出ようとすると、街中を通過していくため、渋滞に巻き込まれやすいです。

 

金額

アーバン・ダブルルームで、約18,000円(2019年4月時点)。

パリのホテル価格からしても妥当かなと思います。

 

 

8日目

日本への帰国の日。

 

午前中、パリ・シャルル・ド・ゴール空港からフランクフルト空港へ移動。

さらに、お昼、フランクフルト空港から中部国際空港(セントレア)に移動です。

行きと同様、ビジネスクラス利用です。

 

 

 

 

といった形で旅行を計画しております。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください