* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

年に一度のJCBからの特別なプレゼント! 〜JCB ザ・クラス メンバーズ・セレクションを徹底解説!(2022年版)

 

JCB ザ・クラスには、「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」(メンセレ)という年に1回お好きな商品をひとつ選べる特別なサービスがあります。

今年も、JCBから「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」が届きました!

本記事において、内容について詳細解説しました。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

ザ・クラス メンバーズ・セレクションはJCB ザ・クラスの特典です

JCB ザ・クラスはJCBの最上級のクレジットカードで、いわゆるブラックカードです。

そもそもJCB ザ・クラスについて、以下の記事で解説しております。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

JCB ザ・クラスを取得するには

このJCB ザ・クラスをどうやって取得すればよいかについては、以下に記載しております。

フツーのサラリーマンである私自身の体験交えておりますので、ご参考になるかと思います。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

ザ・クラス メンバーズ・セレクション2022のコースについて

毎年1つコースを選び、その中から選びます。

20,000〜30,000円ぐらいの価値のあるラインナップです。

大きく、

厳選ギフトコース、

・エンターテインメント&トラベルコース

の2つがあります。

注意

下記特典を得られた際のみならず、特典を利用する際にもJCBザ・クラスカードの所有が求められますのでご注意ください。

得られたので退会すると、利用できなくなります。

厳選ギフトコース

こちらは、いわゆるモノ系の商品がラインナップされています。

内訳としまして、家電や健康器具、バッグ・時計・食器といった日用品から、お米・お肉・お酒(日本酒、焼酎、ワイン)・スイーツなど食品にいたるまで各種商品がラインナップされております。

(一部です。)

毎年微妙に商品がかわります。

エンターテインメント&トラベルコース

上記に対しまして、こちらは主にサービス系の内容です。

JCBトラベルクーポン

JCBトラベルで取り扱いのできる旅行会社(30社以上)のツアーが対象となります。

主な旅行会社は以下となり、主要どころはほぼ網羅されています。

ちなみに、ホテルのグレードを下げれば、持ち出しほぼ無しでも行けますよ。

下げるといっても、サービスの低いホテルはラインナップされていませんし、安心感があります。

 

 JCBトラベルクーポン(海外旅行3万円分)

JCBトラベルクーポンは従来からございましたが、2020年版から海外パッケージツアー申し込みにも利用ができるタイプが登場しました。

30,000円分利用できます。

 

 JCBトラベルクーポン(国内旅行2万円分)

従来より国内パッケージツアーに利用できるクーポンはありましたが、20,000円となります。

 

 JCBプレミアムステイプラン旅館編にも利用ができます

JCBプレミアムステイプランホテル編・旅館編にも利用ができます。

普段簡単に予約することがはばかられる旅館でも、このクーポンを活用して奮発できますね。

JCBプレミアムステイプランホテル編には利用ができませんでしたが、2020年版より利用できるようになりました。

JCBプレミアムステイプランについては、以下にて解説しております。

JCBプレミアムステイプラン 〜厳選された有名ホテル・旅館がラインナップ!費用対効果など検討しました

東京ディズニーリゾートセレクション

JCBザ・クラス会員のための特別プランです。

こちらは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであるJCBのバリューがでている特典です。

有効期限があるのでご注意ですが、どちらか選択でき、安心の入園保証付きです。

 

 JCBオリジナル東京ディズニーリゾートグッズ(イヤープレート)とパークチケット(2枚組)と商品のセット

これまでのとおり、基本構成(商品+パークチケット)は踏襲されています。

こちらはプレート(お皿)がついてきます。

2022の入った、東京ディズニーリゾートのロゴと、お城をバックにしたミッキー/ミニーの絵の入ったお皿です。

抽選制で、期間が2期に分かれていて、それぞれ1,000名ずつです。

 

 ぬいぐるみとパークチケット(2枚組)と商品のセット

こちらは、ぬいぐるみとのセットとなります。

パークチケットとのセット

ダッフィー&シェリーメイのぬいぐるみ

ジェラトーニ&ステラ・ルーのぬいぐるみ

クッキー・アン&オル・メルのぬいぐるみ

 (参考まで)無料でJCBからもらえる招待券利用でディズニーランド内にあるラウンジ利用が可能(2022年も継続中!)

JCBザ・クラスカードのディズニー特典は、メンバーズセレクションでの商品だけではなく、JCBザ・クラスカードを所有することで得られる特典がございます。

それが東京ディズニーランド、東京ディズニーシー内にあるJCBのラウンジを利用できる、という特典です。(招待券が必要、予約制)

しかも、ファストパスよりも優先して搭乗可能です。

以前、利用した際のレポートが以下となります。

以前の特典としてあったディズニーランチの際に併用して利用しました。

JCB ザ・クラス メンバーズ・セレクション特典でディズニーランチとラウンジ利用してきました(2017年利用)
MEMO

ラウンジ利用にあたっては、JCBコンシェルジュデスクに電話し、招待券を取り寄せ、日時を指定して予約することで利用できます。

時間厳守なので、予定を決めて行動されることをお勧めします。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) セレクション

JCBは、USJのオフィシャル・マーケティング・パートナーとなっており、ディズニーリゾートと同様、USJ関連の特典がございます。

 

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオパス(2枚組)とJCBエクスプレス・パス1 引換券(4枚組)セット ※先着1,500名

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで1日楽しめるスタジオ・パスとユニバーサル・スタジオ・ジャパンがおすすめする人気アトラクションひとつの待ち時間が短縮できるJCB エクスプレス・パス1引換券のセットです。

こちらは先着順となっております(1,500名)ので、ご注意下さい。

昨年(2019年)は1,500名、2020年は2,000名、2021年は1,000名でしたので、今年は500名増えました。

JCB エクスプレス・パス1対象のアトラクション

・バックドラフト

・ターミネーター2:3-D

・ジュラシック・パーク・ザ・ライド

・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D

・ザ・フライング・ダイナソー(15時以降限定)

 

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオパス(2枚組)とユニバーサル・スタジオ・ジャパン オリジナルデザイン JCBプレモカード(5,000円分)セット

スタジオ・パスとオリジナルデザインのJCBプレモカードのセットです。

JCBプレモカードとは、コンビニや家電量販店、Amazonなどでも利用可能ないわゆるギフトカードで、チャージも可能です。

2019年までは10,000円分でしたが、2020年からは5,000円となっております。

 

 (参考まで)無料でJCBからもらえる招待券利用でディズニーランド内にあるラウンジ利用が可能(2022年も継続中!)

また、ディズニーランド/ディズニーシーと同様に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にもJCBのラウンジがございます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」施設内にJCBラウンジ(予約制)が用意されています。

ラウンジでゆっくりくつろぎ、係員の方に案内され、ファストパスを持った方よりもさらに優先され、待たずしてアトラクションを楽しめます。

まとめ

JCBのブラックカードでありながら、年会費が55,000円(税込み)であったり、本記事にて紹介したメンバーズ・セレクションのプレゼントにより実質半額の年会費である点は大変お値打ち感があります。

なんといっても、JCBブランドは日本発のブランドであり、国際的なクレジットカードの1つです。

VISA/Masterに比べると利用店舗に差はでてしまいますが、主要都市の中心地であればクレジット対応している限りにおいては利用できます。

体感的にはヨーロッパだとダイナースよりJCBの方が使えました。

ブラックカードでもあり、プライオリティパスも無料で利用できることもあり、我々は半分お守りのように所持しております。

上記特典であえて選ぶとしたら?

以前はディズニー特典がかなり充実していましたが、今となっては昔の話です。

とはいえ、ディズニーのパークチケットが値上がりしているので、ディズニー好きであれば、パークチケットセットとして、ラウンジ特典利用かと思います。

現状踏まえると、JCBトラベルクーポン(国内・20,000円分、海外旅行・30,000円分)でしょうか?

ご参考まで、我々はディズニーランド内の秘密のレストラン利用の抽選に漏れた際の以後の選択としては、JCBトラベルクーポンを利用しています。

JCB ザ・クラス特典のメンバーズ・セレクションでもらったJCBトラベルクーポンを使って仙台食べ歩きしてきます 〜旅行スケジュール【2018年6月】 JCB ザ・クラス特典のメンバーズ・セレクションのJCBトラベルクーポンを使って、またまた仙台グルメ旅行に行ってきました【2019年3月】

参考 〜JCB ザ・クラスカードはどうやったら手に入れられる?

上記メンバーズ・セレクションの特典を得るためには、JCB ザ・クラスが必要です。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

JCBゴールドカードを取得して、JCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードし、JCB ザ・クラスのインビテーションを受けて入手しました。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

いきなりJCB プラチナも取得が可能に

JCB プラチナを一足飛びに獲得可能となっています。

私のように、JCBゴールドJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていく必要がありません。

新しい券面!

プラチナカードの申し込みに関しては以下からどうぞ。

JCBオリジナルシリーズ

JCBゴールドカードからスタート 〜クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドを取得してクレジットヒストリーを積んでいきましょう!

なによりも近道かつ確実な方法です。

新しい券面!

※カードを切り替えたので、裁断してしまっています。。。

JCBゴールドからJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていく必要があります。

新しい券面!

この積み重ねをベースとすることでブラックカードへ近づくことが可能となりますので、ゴールドカードも検討の価値があります。

JCBカード入会キャンペーン 〜JCBゴールド ザ・プレミアに特別に早期招待! 参加登録は10月31日まで

現在、JCBゴールド入会キャンペーンがございます。

ゴールド ザ・プレミアに特別早期招待される内容となります。

通常であれば、最低2年かかりますが、なんとキャンペーン期間中に条件を満たせば、実質1年もかからず6ヶ月ほどで達成できます。

入会キャンペーンの内容

内容
  1. JCBゴールドに新規入会(9月30日まで)
  2. キャンペーン登録
  3. 利用対象期間:2022年7月1日(金)~12月15日(木)に100万円(税込)以上利用

となります。

2023年2〜3月招待とのことでかなり取得の短縮が可能です。

さらに、いくつかキャンペーン開催中で、ゴールドカードは通常、年会費11,000円(税込)となっていますが、キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会のうえMyJCBアプリへログインし、対象カードを合計100万円(税込)以上利用した方に、翌年度年会費(11,000円)がキャッシュバックされます。

翌年度年会費キャッシュバックキャンペーン
  1. JCBゴールドに新規入会
    2022年7月1日(金)~9月30日(金))
  2. MyJCBアプリへログイン
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  3. JCBゴールドは合計100万円(税込)以上利用
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  • キャンペーン期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会、カード入会月翌々月15日までにMyJCBアプリへのログイン+利用で、Amazon.co.jpを利用すると20%キャッシュバック!(最大30,000円)
  • キャンペーン期間:2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会で、
    - 家族1名様につき2,000円、最大4,000円キャッシュバック!(キャンペーン参加登録必要)
    - JCBカードを紹介し、紹介された方が対象カードに入会すると、もれなく1,500円キャッシュバック!(紹介人数上限なし)

などがあり、あわせ技でメリット増大です。

特に家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロ、です。

↓ 以下からどうぞ。

JCBゴールド入会キャンペーン

JCBオリジナルシリーズ

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドの次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、そのアップグレードは、通常、ゴールドカードで2年連続で100万円(税込)以上であることが要件となっています。

しかしながら、今回のキャンペーンを利用すれば、約6ヶ月で100万円(税込)以上と、かなりの近道になります。

持ち出しコストを計算

100万円(税込)利用で、翌年に通常年会費:11,000円(税込)がキャッシュバック

となりますため、今回のキャンペーン利用で、年会費実質無料でJCB ゴールド・ザ・プレミア取得が可能となります。

JCB ゴールド・ザ・プレミア取得、さらにはその上位のJCB ザ・クラスを考えた場合、今回のキャンペーンもかなりオトクかと思います。

さらに、家族カードや友人紹介もカウントするとさらに持ち出しが減りますね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアは、今回のキャンペーン利用により早期に取得が可能です。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法をこちらにて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

JCBの一般カードからのアップグレード

JCBゴールドを申請していきなりのJCB ザ・クラス取得も目指すことは可能ですが、そもそも審査が微妙・・・と思われる方は、JCB一般カードからの積み重ねからも可能です。

新しい券面!

厳密にはゴールドカードに改めて申し込む必要がありますが、クレジットヒストリーを積むことで審査のプラスになるかと思います。

JCB一般カードも入会キャンペーンやっています!

入会にあたっては、こちらも上記と同様の初年度年会費無料の、JCB一般カード入会キャンペーンが用意されています。

JCB一般カードの入会キャンペーンはこちらから!

JCBオリジナルシリーズ

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてやカードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

こちらからお願いします。

お問い合わせ お問い合わせ

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください